ホーム » 小説 » その他書籍 » 累犯障害者(山本譲司)

933 名前:1/2 投稿日:2006/10/01(日) 10:56:05
「累犯障害者」という本。立ち読みした1章だけですごい

レッサーパンダ事件の犯人・山口誠の家庭。

父が知的障害。でも軽いので、誠が逮捕されるまで公式には気づかれず、
60歳くらいになって初めて認定。当然保険や福祉の手助けは一切なかった。
パチンコ三昧で、子どもにはすさまじい虐待を加えている。
母は子どもが幼いうちに病死。

誠は父よりも重い知的障害で、中卒後は養護学校にいくが
そこでもひどくいじめられ、その後の就職先でも前歯を全部折られるなどして
その後は放浪しホームレス同然に。連れ戻されても父が嫌なあまりすぐに脱走。
窃盗などの軽い罪はそれまでにもたくさん起こしていたが、
警察に見つかっても全く逃げない。警察は父よりは好きだから。
なぜ被害者にナイフを向けたのかと聞かれて
「仲よくなりたかったから」と大マジメに答えている。
常人には理解できないが、どうも本音らしく、そうとしか答えない。
(報道で「自分のものにしたかったと供述」などとあるが、本人はそうは言っていない)
基本的に人とまともに会話できないので、自分に有利なこともほとんど言えない。


934 名前:2/2 投稿日:2006/10/01(日) 10:59:10
そして妹がすさまじい。
妹だけは知的障害ではないらしいが、母が死んで以降、
知的障害の父と兄をかかえて母代わりをつとめ、
経済的に当然高校には行けず、中卒後に働きまくって家庭を支え、無理がたたって癌を発病。
それでも働き続ける。
公的な福祉サービスを家族誰もがそもそも知らないので、役所の手助けが何もない。
誠が逮捕されてはじめてこのへんが明るみに出て、
死期の近い妹を民間の福祉の人間が助け、「最後にせめて楽しい思いをさせたい」と
車イス+点滴など完備でTDLとかいろんなところに行かせてあげたりする。
妹は、この楽しさは被害者の犠牲の上に成り立っているんじゃないかと
大いに悩みながらも1年くらいまともな生活を送り、死去。

殺人犯をかばっちゃいけないけど、こんな環境でどう生きればいいんだろうな。


935 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/01(日) 11:32:14
妹かわいそすぎ。

ていうか知的障害でも有罪になるんだ。


936 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/01(日) 11:34:10
キチガイに殺された家族の事を考えると後味が悪い

937 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/01(日) 12:05:04
>>934
妹一人だけ健常者だったのがよけい不幸なんだな…。
これだったら重い知的障害で施設かなんかで暮らした方がましだったのかもしれん。

947 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/01(日) 14:06:12
ついでに同じ本から。

下関駅を全焼させた放火犯の福田九右衛門(74)も知的障害。
小児期は親からひどい虐待を受け、今でも胸から腹にかけて重度の火傷痕がある。

最初になにかのきっかけで放火をしてつかまって以来、
放火=刑務所=居心地のいいところに行ける という刷り込みがあるらしい。
人から虐待されて居場所もなかった彼にとっては刑務所がいちばん過ごしやすい場所だったらしい。

釈放された日、刑務所で教えられたとおりに役所に行って、
福祉関係の申込みをするが、「住所のない人には何もできない」の一点張りで追い返される。
途方に暮れて駅構内にいると駅員から追い出され、
放火をすればまたあそこに戻れると思って紙くずに放火。予想外に燃え広がってしまい、駅を全焼。

彼は「盗みなんて悪いこと、できんよ」と言うらしい。
放火も悪いことという認識はあるけど、刑務所に入れるからやってしまうらしい。

 

累犯障害者 (新潮文庫)
累犯障害者 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...