ホーム » 小説 » その他書籍 » 図説 自殺全書(マルタン・モネスティエ)

954 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/01(日) 16:47:30
マルタン・モネスティエの「図説自殺全書」より

イギリスの母子家庭に育った六歳の少女は、
病弱な母の看病に明け暮れる毎日を送っていた。
まだ六歳なのですぐに疲れてしまうし、
学校などもあるので満足に母の看病を続ける事はできない。
「天使さまになればきっとずっとお母さんの看病を続けられるはずだわ」
少女は友人たちにそう漏らした後に、皆の前で走る電車に飛び込み死んだ。
その後病弱な母がどうなったかは記述されていない。


955 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/01(日) 17:11:25
もう本のタイトルからして後味悪いね…

956 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/01(日) 17:24:23
>954
かわいそすぎる…
せめて本当に天使さまになったと思いたい…

960 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/01(日) 18:59:42
>>954 かわいそうに自殺したら地獄にいくんじゃなかったっけ

 

図説 自殺全書
図説 自殺全書


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...