ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その56 » 見えないほうがよかった

70 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/02(月) 19:01:27
前のほうに書いてる盲目少女ネタ、
「はだしのゲン」の作者の読みきり漫画で同じようなシチュエーションがあるよ。

そっちの方はチンドン屋をやってる主人公が少女の為に
自分の歯をぬいたりして手術台工面して、少女は目が見えるようになる。
ところが主人公が醜男で貧しい暮らしなのを知って幻滅した少女は
主人公を捨てて金持ちの男とつきあうようになる。
ところが実は金持ちの男と言うのは嘘で、自分が893に売り飛ばされる手筈に
なっているのを知った少女は逃げ出して、主人公のアパートへ。

何も言わず、今までと変わりなく接してくれた主人公のやさしさに触れた少女は
見た目だけで判断してしまった自分の愚かさを悔い、隙を見て包丁で自分の目を傷つける。
驚く主人公に「目が見えたせいで私は汚れたものを見てしまった」という少女。

しばらくたって再び盲目になった少女と主人公がチンドン屋になって、
二人でつつましく暮らしてるとこでエンド。

話し的にはハッピーエンドなんだが、
歯まで抜いて手術台工面したのにまた目が見えなくなったのか・・・
と子供心に後味の悪さを感じたよ。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...