ホーム » テレビ » ドラマ/や行 » 世にも奇妙な物語/「死ぬほど好き」

705 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 02:30:22
世にも奇妙な物語から。
野島信司が書いた話。

『死ぬほど好き』

主人公は男子高校生三人組。
(A男・B介・C郎とします)
三人は学園のアイドルD子に憧れている。

しかし三人組のうちの一人、
A男はバレンタインデーにD子からチョコをもらっていた。

しかし三人組のうちの一人、
A男はバレンタインデーにD子からチョコをもらっていた。

しかし直接もらったわけではなく
下駄箱に入っていただけだったので
『どうせ何かの間違いだ』と
A男はD子に直接、確認しようとしない。


706 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 02:31:49
そんなA男を見かねて葬式屋の息子B介はある提案をする
その提案とは
『A男の偽造葬式を行い、D子の本当の気持ちを確かめる』
という提案だった。

A男の親が旅行中な事とB介の親が葬式屋な事を生かし、
D子には内輪だけの葬式ということにして
D子だけ呼んで本当の気持ちを確かめよう、と。


707 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 02:34:38
準備を整え、いよいよ決行の日。
A男も棺桶に入り死んだふりをする。
D子も呼び出した。

‥‥ここまでは順調に進んでいたが
D子だけ呼んだはずがなんと他のクラスメート、先生までもがやってきたのだ。
どうやらD子が皆に話してしまったらしい。

完璧な偽造葬式。
皆、本気にしてしまっている。

D子は太泣きしながら
『あたし‥‥A男くんの事好きだったのに‥‥
 バレンタインデーも本命チョコでA男くんのためだったのよ』と
棺桶に向かって話しかける。

そして騒ぎを聞き付けたA男の両親も旅行から帰ってきてしまった。


709 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 02:36:06
周りの空気に今更、嘘だとは言えず浪狽するB介とC朗。

罪悪感にかられた二人はお酒を飲んで眠ってしまう。

目が覚めると、朝。
棺桶も周りの人々も消えている
何とみんな火葬場にいってしまってしまっていたのだ

大急ぎで火葬場へ向かう二人。

しかしA男はそんなことはまったく知らずに
『まさかD子が俺の事を好きだったなんて‥‥』と
自分の状況も知らずに喜んでいる。


710 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 02:37:55
‥‥しかしまもなく火葬場へ着き、
やっと自分の状況を察したA男は焦りながら助けを求める。
いよいよ火がつけられるときB介とC郎が火葬場に来た。

A男の両親の元へ駆け寄る二人。

慌てて嘘だと言おうとする二人に母親は穏やかな顔で

『今までA男と仲良くしてくれてありがとう。』という。


711 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 02:39:22
今度は父親がこれまた穏やかな顔でこういう。

『実はA男には大量の保険金をかけていたんだ。
 潰れかけていた私の工場があの子のおかげで持ち直すことになってね‥‥』

両親は口を揃えて
『本当、親孝行の息子だったよ‥』と言った。

火葬場から出る煙を
呆然とみつめるB介とC朗だった‥


712 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 03:30:58
>>711
ぎゃーーーーーー!!!
こええーーー;;

713 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 03:36:50
それって石田姉妹、ひかりの姉のゆり子の妹がヒロインだったよね

715 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 04:24:18
>705
これ、リアルタイムでみてたがいまだに強烈に印象に残ってるな(当時小学校中学年)
主人公は、当時結構人気があった(と思う)角田英介がやってた
姉がファンだったんで覚えてるw

>713
ちょwまわりくどいww


720 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 10:25:22
でも実際火葬にするときは
死亡診断書を役所に出して火葬許可証を貰わないと出来ないんだよね。

723 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 10:41:25
乙。
両親はA男が生きてる事を知っていたんだろうか(((;゚Д゚))

751 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/13(月) 14:20:14
>705懐かしい…世にキミョスレでは今でも話題になってるね。
確かA男は、火が点けられてから絶命寸前まで叫び続けるんだよね
「オレは生きてる!生きてるんだ!火を消してくれ!!」
でも業火によりその叫びは届かずに、おしまい。

 

世にも奇妙な物語〈2〉 (OHTA NOVELS)
世にも奇妙な物語〈2〉
(OHTA NOVELS)(小説)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...