ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 「メキメキえんぴつ」・「大きくなったらなにになる?」(大海赫)

886 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/29(水) 23:25:36
多分ここだったと思うけど、前スレあたりでちょっと話題になってた、
「メキメキえんぴつ」って言う独特な気持ち悪い挿し絵、
ホラーがかった内容の児童書が気になって、ぐぐって表紙の画像を眺めていた。
すると弟(小3)が覗き込んできて、突然「教室にその本あった!」と言ってきたので、早速借りてきてもらった。
……本当にこれは児童書で良いのかw笑うせぇるすまん的なシュールさとホラー具合が堪らない。
とにかく気持ち悪い。
挿し絵うpします。

906 名前:メキメキえんぴつ① 投稿日:2006/11/30(木) 02:43:34
遅くなってすいません。
「メキメキえんぴつ」挿し絵うp。
つttp://e.pic.to/8zcl3

ついでに収録されている「大きくなったらなにになる?」と言う一番怖い話をひとつ。

主人公のヒロシは夏休みのある日、校庭の花壇のカンナの花をむしりながら暇を持て余していた。
やがてそこを離れて歩きかけた時、後ろから帽子を深くかぶった、顔色が黄色っぽい男に呼び止められる。
「あなたは大きくなったらお医者さんになるんだってね」と、見ず知らずの人に当てられ驚き、
おじさん誰?と聞くと、「わたしはカンナだよ」と男は名乗った。
「大きくなるぐらい訳はないんだ」とポケットからチョコを取り出し、ヒロシに食べさせる。
あまりに美味しくて、そのチョコを夢中になって食べていたら、
どんどん自分の体が大きくなり、ちょび髭の生えたおっさんになってしまう。
それを見てカンナは笑いながら、
「一人前の大人になるには、身なりをきちんとしなきゃ」と自分の着ていた服をヒロシに着せる。
ネクタイをしめたところで、「おめでとう!これで立派なお医者さんだ。ま、せいぜい頑張ってください。」
と言って去ってしまう。
「おじさんカバン忘れ物だよ!」と慌てて追いかけるが姿は無く、
カバンの中身を見てみると、注射器器、聴診器、体温計が入っていた。


907 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/30(木) 02:45:14
そこへ同じクラスのエミちゃんがやってくる。
しかしこのちょび髭のおっさんがヒロシだと気付く訳はなく、
ヒロシは調子にのってお医者さんごっこを始める。
胸に聴診器を当て、「これは風邪だね。注射をしてあげよう。」と言うと、エミちゃんは注射器を見るなり逃げ出した。
仕方なく、校舎の壁だの木の幹なんかに注射をして回ってると、担任のクロマル先生が現れる。
しかし先生もヒロシだとは気づかない。
先生にも診察をしようとするヒロシ。
しかしつい、「あ、先生のベロ三角だね」と素で言ってしまい、
先生に、いい大人がこんな事して恥ずかしくないの!と叱られ、僕はヒロシだよ!と必死に訴えるがスルーされてしまう。

908 名前:メキメキえんぴつ③ 投稿日:2006/11/30(木) 02:48:24
先生に、「立っていらっしゃい!」と叱られたので、
日が暮れるまで校庭に突っ立っていたが、誰も来なくてだんだん泣きたくなってくる。
「小さくなりたくなったかい?」と声がしたので振り向くと、
カンナがいつの間にか後ろにしゃがんでヒロシを見上げていた。
「こどもにしてよ!大人なんかもう嫌だ!」と泣きつくと、カンナは甲高く笑い、ひょいっと自分の首を体からはずす。
恐れおののくヒロシに、カンナは首をつきつけて
「それなら私を元の体にしてくれないか。あなたはお医者さんだろう?
 それ見ろ!一度ちょんぎられた花は、元のくきにくっつかないんだ!」
と首を地面に落としそのままどこかへ消えて行った。
気が付くと、ヒロシのちぎったカンナの花が転がっていた。
それっきり、ヒロシは二度とこどもに戻れなかった。

長文すいませんorz
ピタは繋がらなかったので、一応ピクトでうpしときました。


914 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/30(木) 03:18:35
>>906
挿し絵こえええええ!
目が逝っちゃってるよ!しかも主人公元に戻れないのかよ!
後味悪い!

917 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/30(木) 04:34:00
その絵本初めて知ったよ挿絵は一回見ちゃえばすぐに慣れるな
ある意味表紙が一番不気味かも
内容は結構ブラックだね

923 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/30(木) 08:49:09
>>906
メチャクチャアグレッシブにトラウマ植え付けようとしてるよなw
作者の大海 赫でググッたら本人のサイトが出てきた。
白いレクイエム読んでみたい。

928 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/30(木) 10:28:44
この作者の本は大体読んだけど、「一度犯した失敗はもう取り返しがつかない」
「人の信頼を裏切った人間は、子供であろうと、ある程度の報いを受けて当たり前」
というかなり厳しい考えを持った人だよな。今の大人にはない厳しい父性を持った人なんだと思う。

 

メキメキえんぴつ (fukkan.com)
メキメキえんぴつ (fukkan.com)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...