ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その61 » 盲目の女性と同居人

663 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/26(火) 18:08:39
10年ぐらい前に読んだ漫画 関よしみっぽい絵柄だったような気が

とある盲目の女性が一人で暮らしている。両親はもう亡くなった。
生まれた時からこういう体だったので不自由はない。
中学を出てからはずっと一人で友達も恋人もいないが、
図書館で目が悪い人用のテープ(本を朗読してあるやつ)を借りて聞いたり、
CDやレコードをかけてそれを楽しんでいるだけで幸せだった。
たまに人恋しさに意味もなく泣き喚いたりもするが、それも既に生活の一部になっていた。
生活必需品などはボランティアのおばさんが買ってきてくれていた。
が、最近新しく来るようになったおばさんはちょっと抜けていて、
しょっちゅう戸締りを怠る。その頃からか女性は家の中に違和感を感じるようになった。
ぼんやりとウォークマンで小説を聞いている時、誰かが横をとおったような気がした。
点けた覚えがないのにいつのまにかストーブがついている事もあった。
決定的だったのは、ふと夜中に尿意を感じて目覚めた時に、
浴室からシャワーの音が聞こえた事だった。
誰かがこの家の中に入り込んだのだと確信する。
しかも、住みついているようだ。

中学生の少年は、学校でいじめられていた。
頼りの教師と親も取り合ってくれず、少年は家出した。
その先で、図書館帰りの盲目の女性に出会った。
動作から彼女が盲目である事はすぐにわかった。
頼りないその姿が心配になり、事故にあったりしないよう帰宅するまで見届けた。
公園で野宿をしながら、たまに女性を見かけるたびに少年は女性を見守った。
ある寒い夜に、耐えきれなくなった彼はどこか泊めてくれる家を探そうとして、
女性の事を思い出した。女性の家には無用心にも鍵がかけられていなかった。
女性が盲目である事を利用し、少年はこっそり女性の家の片隅に居候する事にした。
慣れた様子ではあるとはいえ、やはり盲目の身での一人暮しは危ない。
なにかあった時のための緊急要員なのさと少年はそう理由付けをする。
女性はテープやラジオを聞きながら一人で大声で笑ったり驚いたりしている。
そして時々号泣している。さみしいと言いながら。
いっそ自分の事を打ち明けてしまおうかと少年は思う。


664 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/26(火) 18:09:21
見ず知らずの人間が勝手に侵入して生活している事を知ったら引くだろうけど、
でももしかしたら同居人として受け入れてくれるかもしれない
もうあんな家にも帰らずにすみ、辛い野宿をする必要もなく、
この女性の家で一生を過ごせるかもしれない……少年はそう夢想する。
常にそばにいる人間さえいれば、もう女性が一人で泣くような事もなくなるかもしれないしと。
居間で眠っていた少年は、二階の寝室から女性の泣く声を聞く。
ああまた泣いている、少年はそう思いながらまた眠りにつこうとする。
女性の泣く声はいつまでも止まず、癇癪を起こしたように暴れる音もする。
学校にいたころ誰も助けてくれずさみしかった事を思いだす少年。
自分の存在を明かし、女性のさみしさを癒そうと決意する。
不法侵入と罵られて追い出されるかもしれない。
それでもどっちにせよ、この泣き声を聞かずにすむ。
そう思い、珍しく開け放たれたままの女性の部屋に入り、
真っ直ぐに女性へ近づいたところ、いきなり女性は少年に向かいナイフを振り下げた。
「ふふふ…気のせいじゃなかったんだやっぱり人がいたんだ
 ああ……ちゃんと死んだのかしら、わからないわからない」
と言いながら女性は手探りで尚も少年をめった刺しにした。

665 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/26(火) 18:11:34
ある男性は女性にずっと懸想していた。
盲目であるが故にこの世の醜さを見た事のない聖女だと神聖視していた。
いつも女性を監視し、双眼鏡で女性の家の中の状況も常に把握していた。
ある時、家の中に少年がいるのを発見した。
その少年は、以前帰宅途中の女性の後ろをつけていたのと同じ者だった。
自分と同類なのだろうかとその時はただ疑問を感じただけだったが、実際は違ったのだ。
あの少年は女性の恋人で、女性は家の中に少年を引き込んでいたのだ。
聖女なんかじゃに、雌豚だ。男性はそう思い、以前秘密裏に造った合い鍵で侵入、
そして眠っている女性を犯した。そこで処女だった事に気付いた。
そこに少年がやってきた。恐怖と屈辱でただ震えていただけだった女性は、
やっと我に返り、手探りでナイフを取り出し、
少年が自分を犯した者だと勘違いして少年を刺し殺した。
その状況から男性は、全ては自分の勘違いで、やはりこの女性は自分の理想の聖女だと思った。
そして男性は女性のナイフを握っている方の手を掴みとり、女性の首筋を舐めた。

盲目の女性の家に侵入した青年がどうたら~って映画の宣伝で思い出した。
女性と少年は少女漫画チックなキラキラした絵なのに、男性だけめちゃくちゃキモく書かれてた
関よしみな気がするけど作品名わからん


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...