ホーム » その他 » 事件・事故 » 尾上力連続強姦放火事件

450 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/21(水) 00:00:46
出勤前に見たのではっきりと覚えてないが
今朝のスーパーモーニングのニュース。
小中学生をナイフで脅し、「おびえてる顔がたまらなく興奮」する変態40男。
強姦は何百件にもおよび、放火もそれに劣らず合わせて400件以上。
内一回は5人の死者を出す大変な惨事になった。
趣味は放火で、レイプは生活の一部と手記に書いた。
本人ですら死刑だろうと思っていたらしいが、自供した事により減刑され無期。
しかしこの自供は反省からではなく、
拘留中、他の被告からのいじめに耐えられず、自供して移動したいとの思いからだった。
スタジオの弁護士も憤りを隠せないようだったが、
それ以上に生きながら焼かれた5人の人の痛み辛さ苦しみ、
思い入れのある物や財産を焼かれた人の空しさ、
一生癒える事のない傷を負った少女達、
その少女達を慈しみ、愛していた家族の思いが…。
幼い子供のレイプ被害者は子宮摘出もあるんだな。
映画にもなってたけど「評決の時」でも被害者の子供は子供の生めない体になったものな。
本人も「やめる事が出来なかった」「つかまった事で止められた」とか書いてたけど
こいつはあと何年で出てくるのだろうか。
自分の意思でやめる事が出来なかった男が、これから社会に出てきて
何人の少女を快楽の為に生きながら死ぬ様にさせるのだろうか。
焼け死んだ人はどれほどの生き地獄を味わったんだろう。
なんで死刑にならないんだろう。

451 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/21(水) 00:13:05
>>450
でも、死刑なら独房だけど、
懲役刑なら他の受刑者と一緒になるから
またいじめ抜かれるんでないの?
展開次第によっては後味よくなるかも。
最終的にいじめに耐えかねて刑務所で自殺ってのが
一番すっきりするかも。

453 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/21(水) 00:28:45
アメリカの刑務所じゃ子供に対する犯罪、
特に性犯罪者にはとっても辛い場所らしいね。
子供への性犯罪者は同じ思いを味わう事になるらしいな。
よく殺されるしね。

456 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/21(水) 01:18:40
今思い出しても吐き気がするが…。

以前、付き合っていた男が小さな女の子の体を触って写真を撮ったり、
自分の性器を触らせたりして捕まったよ…。
獄中の奴からの手紙には、

「刑務所の中では(他の受刑者から)人間以下の扱いを受けた」
「殴る蹴るは日常茶飯事」
「担当の看守に訴えれば、「告げ口野郎」として更に暴力が増すから言えない」
「今は別の刑務所に移って平和だ」

みたいな事が書いてあった。
日本でも、性犯罪者(特に子供への)は受刑者同士の中でも物凄く下に扱われ、ひどい目に会うらしい。
表面化しないだけで。
正直、一生前の刑務所に入ってろと思ったよ。
それでも償いきれないような事をお前はしたんだからと。

しかも本人は、自分が刑務所の中で受けた不当な扱いばかり書いていて、
自分の罪の重さに対する自覚や、
償いが感じられるような文章が全く無かったのが、
後味悪いを通り越して怒りに震える事しか出来なかった。

まとまりの無い文章でごめん。
でも奴らは、刑務所の中で確実に痛い目みてる。

 

判決から見る猟奇殺人ファイル
判決から見る猟奇殺人ファイル


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...