ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その66 » 識別コード、レッド

118 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/21(水) 18:48:09
とても昔に読んだ同人漫画。

砂漠のような惑星で、12~13歳くらいの少女と、彼女を保護するロボットが逃避行を続けている。
少女は軍の要人の娘らしく、敵の勢力圏を縫うようにして安全地域への脱出を図るつもりらしい。

ロボ(人間型で体長2M前後)のおかげで何とか今まで逃げおおせたが、
とうとうどこかの回路の調子が悪くなってしまう。
女の子もロボになるべく負担を掛けまいと頑張るのだが、とある敵の基地付近でロボがダウン。
ふたりで岩場の影に見を潜めつつ、索敵機能で敵基地を探るロボ。
結果、機械化された無人基地である事が判明する。
ロボ(名前失念。仮にアレスとする)に提案する女の子。

「アレス、ロボットの基地なら、きっと回路があるわ。私、あそこへ取りに行ってこようと思うの」
「キケンデス、オヤメクダサイ、オジョウサマ」

当然アレスは止めるが、少女は駆け出して行く。

「待ってて。きっと直してあげる!」

彼女には勝算が有った。
無人基地を巡回するロボットにはビーコンがセットされており、それによって相手を識別する。
どうにかしてそのビーコンを奪ってしまえば、安全に基地内を移動できる筈だ。


119 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/21(水) 18:50:28
地形を利用した罠を考え、かなりの運と偶然に助けられて、女の子はビーコンを入手。
結構な怪我を負いボロボロになりながらも、何とか目的の回路を手に入れた。

アレスが待っている。
岩場へと急ぐ女の子。
嬉しそうに回路を掲げながら
「アレス!ほら!!」
と、その時。
アレスの目(センサー)が反応した。
「識別コード、レッド!」
ただならぬ雰囲気に、思わず足を止める女の子。
「敵生物!!」
ガシャン、と胸部が割れて無骨な砲身が覗く。
「・・・あ、そうか。違うの、アレス。これは・・・」
女の子の服には、基地のロボットから奪ったビーコンが結び付けられていた。

バシュン!という音と共に吹っ飛ぶ手足。
芋虫のようになりながら、回路の方へ這う女の子。
それを後ろから、更なるアレスの砲が襲う・・・。
「標的、処理完了。通常モードへ移行」
砲身が収納され、元の無機質な表情へ戻るアレス。
穴だらけの残骸と化した女の子をアップに、その向こう側をアレスがぎこちなく歩き去ってゆく。

「オジョウサマ?」
「ドコニ イラッシャル ノ デスカ? オジョウサマ?」

で、END。


126 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/21(水) 22:46:50
>>118-119
典型的な後味の悪さで良いね!
今夜はモヤモヤして眠れなそうだw

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...