ホーム » 小説 » 小説/た行 » チグリスとユーフラテス(新井素子)

277 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/06(金) 23:21:39
新井素子も子供が生まれなくなった星の話を書いてたな。

人類で最後に生まれた子供は幾つになっても
周りから見れば一番年下だから、いつまでも子供扱いしかされないの。
そんで周りの人たちは皆先に死んでしまって、
かつて「最後の子供」と呼ばれていたお婆さんは無人の星に一人ぼっち。
衣食住は機械がなんとかしてくれるんだけど、
「最後の子供」用に特別に調整されたシステムだから、
お婆さんなのに食事はお子様ランチ、服は子供服なんだよね。
お婆さんテラカワイソスだった。

最後に農耕に生き甲斐を見出して、たくさんの動物や植物に
囲まれながら逝ったから、後味は良いんだけど。

 

チグリスとユーフラテス(上) (集英社文庫)
チグリスとユーフラテス(上)
(集英社文庫)
チグリスとユーフラテス(下) (集英社文庫)
チグリスとユーフラテス(下)
(集英社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...