ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その70 » 沈黙の陽炎(音喜多由記子)

96 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/28(月) 15:50:02
後味悪いというかアホな話というか

「沈黙の陽炎」
やりたいことも特に見付からずダラダラとした生を受けていた高3生
ひょんなことから孤児院の男の子と知り合い
共にキャッチボールをするほどまでに仲良くなった
するとその子の姉だという少女から「あの子との約束を絶対に護って、裏切らないで」と言われる

その理由に納得がいかないまま男の子と会い、
いつものように次回のキャッチボールの約束を取り付ける高校生
だが、生憎その日は台風だった
翌日待ち合わせ場所にいってみたら少女が。
「あの子は肺炎で入院してる。なんであの子の約束を護ってくれなかったの!あの子は待っていたんだよ」
高校生を罵倒する少女

実は少女は男の子の姉で実はもう幽霊だった
「あの子は私が連れて行く。あの子を幸せに出来るのは私だけだ」
高校生が止めるのも聞かず、消えてしまう少女

ラストシーンは男の子の墓参りをする高校生
男の子との出会いを思い返し、人生に前向きになることを決意する

いや、これってただ姉がDQNなだけじゃねーかと
問題はこれが芝居の台本で結構な数の劇団や高校演劇で上演されているところ。


98 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/28(月) 16:22:25
>>96
なんで姉がDQNなの?
後味悪いかなあ

99 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/28(月) 16:28:00
>>98
台風だったら、行かない方が普通じゃない?
弟だって幼児じゃあるまいし、自分で判断して
健康管理すべき。主人公を責めるなんて、DQNっぽい。

105 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/28(月) 16:59:54
>>96
姉ちゃんも人に文句言うなら、前日に弟の夢枕に立って忠告するとか
約束の日一日中金縛りにあわせとくとか自衛しろってのな。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...