ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その70 » バクステール

791 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/11(月) 20:24:49
「バスクテール」というブルテリア(犬)が主人公の映画

バスクテールの独白で話はすすむ。(おっさんのしぶい声)
最初は老女に飼われていて、窓から見える向かいの若い夫婦に飼われたいと願っている。
ある日、老女を風呂で溺死させ若夫婦の家にまっしぐら。
飼われることになるが、 幸せは長く続かない。
なぜかガレージに閉じこめられ家に入れてもらえない。
「ひどい裏切りだ」とバスクテール。
ようやく開放されると、家の中には赤ちゃんがいる。
バスクテールは赤ん坊を亡き者にしようともくろみ、
はいはいが出来るようになった赤ちゃんを庭のプールへと誘い、落としてしまう。
バスクテールの鳴き声に気付いた夫婦が、すぐさま赤ん坊を助けて事なきをえる。
「知らせるのが早すぎた」と反省するバスクテール。
こんなこともあって若夫婦は、バスクテールを手放すことに。
今度の飼い主は10歳くらいの少年で、バスクテールに色々命令をする。
バスクテールは、いままでとはちょっと違うなと感じつつも、気分がいいらしい。
(ここらへん、よく憶えていないんだけど)バスクテールは少年に殺意を抱き、
突然襲いかかる。とっさに少年は「バスクテール、来い!!」と号令をかける。
(字幕では「来い」だったが、様子をみると「お座り」が妥当ではないかと思う)
少年の号令につい従ってしまうバスクテールw
おとなしくお座りしているバスクテールは、必死の少年に撲殺されてしまったのだった。
終わり


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...