ホーム » 小説 » 小説/さ行 » さなぎ(筒井康隆)

140 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/16(土) 04:27:31
筒井康隆「さなぎ」

増え続ける少年犯罪に手を焼いた政府が「さなぎセンター」を創設する
大人に対して反抗するとそこに収容され
薬物を打たれ 透明なケースの中でさなぎのように醜悪な姿で固まり
ビクリビクリと「自分の反抗が失敗する」夢を見続ける
そこで「反抗がいかに愚かで無意味なのか」を骨の髄まで刷り込まれ
別人のようにスポイルされ骨抜きにされて社会に返される

主人公始め少年たちは 「さなぎセンター」に送られるのが嫌で
大人たちに愛想笑いを返しながら鬱屈した毎日を送っている
大人たちはそんな少年たちが 心の中に反抗心を隠し持ってるのを感じ
何とか「さなぎセンター」に送り込もうと挑発と虐待を繰り返す

父親からの挑発と暴力をへらへら笑ってひたすら耐える主人公
心の中で「復讐してやるぞ」と思い続けながら
そうして何年も何年も父親の暴力を受け続け 復讐を誓い続け
父親はある日 ぽっくりと死んでしまう
主人公は復讐を誓い続ける

俺だけがこんな目にあっていいはずがない
俺の子供にも同じ事をしてやる
逆らえるはずがない
逆らったら 「さなぎセンター」行きなのだから


147 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/16(土) 09:22:54
>>140
最後のほう文章が怖いんだよな
「ナアニ サナギセンタアガ‥」
ってカタコト風になっていくんだよな

148 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/16(土) 09:45:02
>>140
体育会系の新入部員が先輩の理不尽なしごきに耐えて
来年新入部員が入ってきたら同じ事をしてやる、
先輩に逆らえるはずがないんだから・・・って考えてる
ようなもんか。

 

ウィークエンド シャッフル (講談社文庫)
ウィークエンド シャッフル
(講談社文庫)
くさり―ホラー短篇集 (角川文庫)
くさり―ホラー短篇集
(角川文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...