ホーム » テレビ » ドラマ/か行 » 帰ってきたウルトラマン/第33話「怪獣使いと少年」

602 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/03(火) 02:23:38
過去スレとかで散々既出だろうけど帰ってきたウルトラマンの
『怪獣使いと少年』もかなりのもの。

出稼ぎに出た父親を探しに上京したある少年が嵐の夜に怪獣に襲われたところを、
老人が怪獣を封じ込めて少年を助ける。
その老人はメイツ星と言う星から地球の環境調査に来た調査員だったのだが、
地球の環境が思ったより劣悪で、老人の体を蝕み星へ帰ろうにも宇宙船を埋めた位置がわからなくなり、
探し当てる体力もなくなった。

少年は怪獣から守ってくれたお礼に老人の宇宙船を探すため、地面を掘っていたのだが、
それが近隣住民の目には異様に映り、老人の事もありついには迫害するまでになる。
迫害の内容の内、中学生が犬を嗾け少年を追いかけた(後にこの犬爆死)ところを
主人公の防衛隊員(帰ってきたウルトラマン)にみつかり犬を爆死させたことで、老人の存在を知り
老人から星人であるという話を聞く。

ついに住民たちが暴徒化して、リンチの挙句警官は老人を射殺。
老人が絶命したと同時に封じ込めていた怪獣が現われ街を破壊する。
住民は主人公が隊員だという理由で怪獣を退治しろと頼むが、住民の所業で悩むも
隊長扮する托鉢層に促されウルトラマンに変身し、怪獣を倒す。

その後少年は地球にいるのが嫌になって宇宙船を探し老人の母星に向かうべく穴を掘り続けて終わる。

うろ覚え多くてスマン。

 

帰ってきたウルトラマン Vol.9 [DVD]
帰ってきたウルトラマン Vol.9 [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...