ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その75 » ミッドナイトディメンション(魔夜峰央)

649 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/15(水) 13:43:00
パタリロの魔夜峰央のギャグマンガ「ミッドナイト・ディメンション」
とある寄宿舎学校が舞台で、その学園の植物園に空いている、異次元に通じる穴を
創立者の孫かなんかであるミラン少年が秘密裏に管理している。
穴にはフタがしてあるが、時々怪物が出てきてしまったり、放射能漏れのように
外部に影響を及ぼしたりする。
その後始末にミランと上級生ゼニスが奔走するといういうストーリーの中の一編。

学園にはリゾートスパのような広いサウナがあり、生徒たちに大人気。
そこの掃除当番の少年が、美しく聡明なゼニスに憧れ、
サウナに来る彼の姿を見るのを楽しみにしていた。
(魔夜峰央のマンガなので少年達はデフォでホモ)
地味で目立たない自分なんかゼニスは相手にしてくれないだろうし、いつも一緒にいる
ミラン君ときっとつきあってるんだろうな、彼は綺麗だからお似合いだ等と悶々としながら、
いつものように湧いて出るナメクジに塩をかけ、汚れを掃除をしていると、なんとそこに
突然ゼニスが現れる。そして驚く彼にやさしい言葉をかけてくれ、二人はそのままアンアン。

後日、すっかり夢心地の彼は、友人にからかわれて思わずゼニスとのことを喋ってしまう。
しかし当のゼニスに照れながら声をかけると、「君は?」とあんた誰状態。
愕然とし、夢でも見たのだろうと友人達から思くそ嘲笑され、いたたまれなくなった彼は
人気のないサウナに駆け込んで「どうして…!」と泣き崩れる。

そんな彼に忍び寄る不気味な影。それは巨大なドロドロのナメクジだった。
サウナに湧くナメクジたちが異次元の穴の影響を受けて変質し、毎回の掃除で
仲間を大量に殺していく彼に復讐する為、ゼニスの幻を見せて弄んでいたのだ。

慄く彼に襲いかかったナメクジの始末は、確か間一髪でゼニスやミランが駆けつけて
なんとかしたんだったと思う。とにかく命は助かった。
だがそれにしても、ナメクジ相手にナニした揚句、友人には笑いものにされるわ
ゼニスには自分の気持ちはもちろんナメクジと何かあったことも知られるわ、
こいつこのさき生きていけねーだろっていう…


650 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/15(水) 14:10:29
大黒パワーで変身する奴かと思ったら違ったw

651 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/15(水) 14:14:36
そりゃ妖怪始末人トラウマだw

効果的にダメージを与えるナメクジの知能とエロさに脱毛

 

ミッドナイトディメンション (秋田文庫 47-13)
ミッドナイトディメンション
(秋田文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...