ホーム » その他 » 事件・事故 » マーガレット・ルーディン

326 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/27(月) 10:05:21
ラズベガスのブラック・ウィドウを思い出したので。
マーガレット・ルーディン(Margaret Rudin)は一見上品で優しそうなおばあちゃん。
若い頃は美人だったろうなと思わせる顔立ち。不動産屋の男と結婚したが、
お金を自分の思うように使わせてくれないのが不満だった。
旦那のオフィスに盗聴器を付け、いったいどれだけのお金を動かしているのか調べていた程。
愛人と結託して旦那を自宅で殺害。殺害現場である自宅をリフォームし、
カーペットを張り替えたのだが、血をたっぷりと吸い込んだそれを警察がゴミ捨て場から
見つけ出してきて、これが決定的証拠の一つになったと記憶している。
愛人のほうは、旦那の生前に、彼の隠し財産の金だか銀だかを砂漠に埋めるのを
手伝っており、事件後にそれをショベルカーを使って掘り出しているところを警察に見つかり、
尋問を受けている。

結局マーガレットの逮捕状が出されたのだが、それを聞いた彼女は逃亡した。

数年後、America’s Most Wantedという逃亡中の凶悪犯罪者を紹介する番組に
この事件が取り上げられ、視聴者からの電話で時点彼女が隠れ住んでいた
場所が判明するが、事情聴取に行った警官は、マーガレットの犯罪者らしからぬ品のよさと
柔らかな物腰にすっかりだまされ、話をしただけで帰ってきてしまう。
刑事がその住所に出向いたときには、もうもぬけの殻だった。
そのさらに数年後、孫の家でマーガレットは捕まった。孫の誕生パーティーを祝っていた最中に、
ピザの宅配に化けた刑事に取り押さえられたのである。

さて裁判だけど、彼女の弁護士がなんと言うか変な人。オープニング・アーギュメントでも
なんか変なこと言ってて、裁判長に「こんな変なオープニング・アーギュメントは聞いたことが無い」
とかなんとかコメントされていたのは覚えているけど、詳細は忘れた。
マーガレットの妹も証言をしたのだが、それが皆マーガレットに不利になるような証言ばかり。
この裁判が自分に不利になっていくと判断したマーガレットは、弁護士の能力不足を理由に
再審を申し出たが、裁判長に蹴られる。結局有罪判決をいいわたされる。

弁護士は、この有名な裁判を見物に来たキレーなねーちゃんに惚れられて、結婚してる。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...