ホーム » その他 » 事件・事故 » 光市母子殺害事件

926 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/30(日) 18:51:55
タイムリーに一発。こんなんどうか。

■花田紀凱の週刊誌ウオッチング
 一、二審の無期懲役の判決を最高裁で破棄され、高裁に差し戻された光市母子殺人事件。
 弁護団の所業については腹立たしいことが多いが、これはひど過ぎる。

 『週刊新潮』(4月3日号)の
 「『屍姦(しかん)再現写真』を前に大笑いした光市『母子殺害事件』弁護士たちの『鬼畜発言録』」。
 3月15日、都内で「『光市事件』弁護団に聞く 弁護団は何を主張・立証したのか」という
 シンポジウムが開かれた。主催は「『光市事件』報道を検証する会」。
 当日は弁護団の17人が出席したというが
 〈「あの弁護士たちの態度は不謹慎、非常識にもほどがあります」(出席者のひとり)〉。
 例えばこんな具合。

 事件の経過を説明しているとき、安田好弘弁護士が11カ月の子の年齢を11歳と間違えた。
 〈途端、他の弁護士がどっと笑い出したのだ。わずか11カ月で命を奪われた
  夕夏ちゃんの年齢を間違えたことが、そんなに可笑(おか)しいのか〉
 
 あるいは殺害状況を説明する新谷桂弁護士が弥生さんの首を絞める様子を手ぶりで示しつつ、
 〈「水平なんですね、ほぼ。私はちょっと違いますね、ハハハハ。図面の方がいいですね、ハハハハハ」と
  自ら笑い声を上げ、周りの弁護士も実に楽しそうに笑うのだ〉
 
 殺害の模様を再現実験した写真を見ながら松井武弁護士は
 〈「あの被験者は私です。ハハハ。鑑定人のところに行って首を絞められたのも私です。イヤハハハハ」〉。

 まさに〈信じ難い「鬼畜発言」〉だ。

MSN産経ニュース(2008.3.30 08:50)
ttp://sankei.jp.msn.com/culture/books/080330/bks0803300850000-n1.htm

 

なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日 (新潮文庫 か 41-2)
なぜ君は絶望と闘えたのか
本村洋の3300日 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...