ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 井戸の中の狐と山羊

142 名前:本当にあった怖い名無し :2008/07/25(金) 17:35:56
イソップ寓話より

狐が井戸に落ちました。困っていると、山羊がやってきました。

山羊は井戸を覗き込んで「そこの水はうまいのか」と狐に尋ねました。

狐は「こんなおいしい水は今までに飲んだことがない!」と言い、山羊にも下りてくるよう勧めました。

山羊はその水を飲んでみたくてたまらなくなり、井戸に飛び降りました。

水は普通の水でしたが、ひとしきり飲んで満足したときに、山羊は井戸から出られないことに気付きました。

狐もさも今知ったかのように驚き、山羊と一緒になって脱出方法を考えました。
すると狐が、「君は前脚をのばして井戸に立てかかってくれ。自分が背中を駆け上がろう。
上がったら上から山羊を引っ張るよ」と提案しました。

山羊はそれに頷き、やっと井戸から出られた狐はその場を去ろうとしました。

山羊は約束が違う!と井戸の中から叫びました。

狐は「君にもしも顎の髭ほども思慮があったら、上り方を考えるまでは下りてこなかっただろうに」
と言うとその場を去りました。

このように人間の場合でも、思慮ある人は物事の結果を考えてから行動しなければならない。

END

山羊は別に悪くないのに、井戸に取り残されたままなのが後味悪かった。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...