ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その90 » 暑い日(水木しげる)

630 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/06(水) 00:40:05
水木しげるの「暑い日」
蒸し暑い夜だったので主人公水木しげるが散歩に出かけるとどこからか奇妙な音が・・・
音の出所は石屋で石屋では主人が墓石を作っていて
墓石にはなんと自分の名前と死ぬ日が書かれている。
水木は石屋に入り墓石を注文した覚えは無いと主人に言う。
すると名前はなんの気なしにやったものでこの墓石は展覧会のために作った物であると言った。
死亡する日付をよく見ると今日の日付で水木は驚く
主人はただの偶然ですよと言って心配なら今日が終わるまでここに居るといいと言った
そして時間を潰すために主人の奥さんと話をする水木
今日はあと5分で終わるとほっとしながら奥さんに「今日はそれにしても暑いですね」と言う
奥さんは「こんなに暑いと気の狂う人間も出ますよ」と言う
「ほんとですねえ」と水木
その頃二人の後ろでは主人が包丁を研いでいた・・・

641 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/06(水) 13:09:23
>>630
は、W・F・ハーヴィー「炎天」を漫画化したものだろう

 

畏悦録―水木しげるの世界 (角川ホラー文庫)
畏悦録
水木しげるの世界
(角川ホラー文庫)
怪奇小説傑作集 1 英米編 1 [新版] (創元推理文庫)(炎天収録)
怪奇小説傑作集 1 英米編 1 [新版]
(創元推理文庫)(炎天収録)
エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談 憑かれた鏡 (河出文庫)
エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談
憑かれた鏡 (河出文庫)(炎天収録)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...