ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その90 » 夏目友人帳/第1期第5話「心色の切符」

753 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/07(木) 23:53:14
このまえのアニメ「夏目友人帳」

れいこは霊能力?が強くて、若かった頃いろいろな妖怪の
名前を集めて「友人帳」に書き留めていた。
名前を書かれた妖怪はれいこの言うことをきかなくてはならない。
れいこが死んだ今、孫の少年・夏目の所に妖怪達が名前を返して欲しいと言ってくる。
ほのぼのとした癒されるストーリーなんだけど。

れいこの持ち物を整頓していた夏目は、古い切符を見つける。
とっくに廃線となったその駅に行ってみると、妖怪がホームのベンチに座っていた。
話を聞くと、昔友達の妖怪とけんかしてしまった、仲直りのために
あしたれいこが一緒に友達の所まで行ってくれると約束したから待っていたとのこと。
結局夏目が祖母のかわりに友達の所へ付いていってやって、最後は仲直りができたんだけど、
そのあとまた夏目が切符をしまおうとしたら、たくさんのいろいろな切符がでてきた…
ずぼらで(゚ε゚)キニシナイ!! れいこの性格を表現したかったんだろうし
妖怪にとっては人間の数十年なんてあっという間かも知れないけど、
あちらこちらでずーーーーっとれいこを待っている何匹もの妖怪がいるかと思うと
守れない約束すんな!と思う。


754 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/08(金) 01:13:35
>>753
その話がアニメオリジナルであることが、個人的には後味悪いな(‘A`)

 

夏目友人帳 2 [DVD]
夏目友人帳 2 [DVD]
夏目友人帳 Blu-ray Disc BOX
夏目友人帳 Blu-ray Disc BOX


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...