ホーム » 小説 » 小説/さ行 » シャーロック・ホームズ/赤い輪(アーサー・コナン・ドイル)

718 名前:本当にあった怖い名無し :2008/09/11(木) 02:56:51
シャーロック・ホームズでもワトソンが馬鹿なことしてたな。

短編「赤い輪」

ある下宿の女将が、下宿人が10日間も引きこもって外に出てこない。
怪しいので調べて欲しいとホームズに依頼しに来る。

それをワトソンが独自に調査しようとして、下宿人の関係者(下宿を紹介した人)の家を
ホームズに聞いて一人で訪問する。

実はその下宿人はイタリアのマフィアに命を狙われており、そのため引きこもっていた。
下宿人の関係者はそのために安全な隠れ家としてあの下宿を紹介したのだった。
(彼はわけありで困っている人に隠れ家などを紹介するボランティアをしていた)
しかしワトソンが不用意にかぎ回ったことでその存在がバレて、関係者はマフィアに殺される。
おまけに隠れ家の存在もバレる。

ホームズはそれを何事もなかったかのようにスルー。
事件を解決してめでたしめでたし。
(下宿人を安全なところに逃がし、マフィアを捕まえる)

ワトソンが出てこなければ誰も死なずにすんだはずだったのに・・・
しかもホームズでさえそれを責めないし、ワトソンも全く反省していない。

 

シャーロック・ホームズ最後の挨拶 (新潮文庫)
シャーロック・ホームズ最後の挨拶
(新潮文庫)
シャーロック・ホームズ最後の挨拶  新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
シャーロック・ホームズ最後の挨拶
新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...