ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » あけるな(谷川俊太郎)

811 名前:本当にあった怖い名無し :2008/10/01(水) 07:38:44
流れが気持ち悪いので燃料投下。
谷川俊太郎が詩を書いた「あけるな!」という絵本がある。
内容といったら単純に、
「あけるな」と書いてある扉を開け、
中に進んで行くという内容なのだが、
最後の頁が、部屋一杯に空間を占める巨大なフランス人形の絵と
「もうすぐご飯よ」
だったかな。そんな感じの台詞が書いてあっただけなんだ。
後味が悪いというか、何処と無く不気味。

 

あけるな
あけるな


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...