ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その98 » ガートルードのレシピ/レクイエム(草川為)

205 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/26(金) 00:48:23
ガートルードのレシピの番外編。
本編は、様々な悪魔の体の一部をつなぎあわせて造られた
人造悪魔のガートルードが自分の製作方法を記したメモを探すという話。

とある高位悪魔のもとに、人間の少女が訪れた。
少女は修業中の占い師で、占いにより悪魔の居場所を突き止めたという。
ある目的のために少女は強い魔力を欲しており、悪魔の力を目当てにやって来た。
悪魔は魔力を貸すことを承諾するが、その代わりに報酬として少女の魂を要求した。
「かまわないわ ただし私が死んだ後に 占いによれば私はもうすぐ死ぬようなの」
つい先日に少女は、近い未来に自分自身が死ぬことを占いによって知ってしまったという。

占いによって知った未来のことは必ずしも実現するとは限らなかった。
だが、「少女の死」は非常に強く捉えることができたので、実現する可能性が高く思えた。
しかし、その死に至るまでの出来事や、死の際の状況などは非常に曖昧なので、
それらのことは今からでも変えられるのかもしれないと少女は思っていた。
少女は健康体で、死は事故や災害によるものと推測された。
もしかしたら大勢の人がいる場所で大惨事が起こり、それに巻き込まれて死ぬのかもしれない。
そして、少女以外の大勢の人も死ぬのかもしれない。
だとしたら、そのような事態を事前に防ぐよう努力し、他の人々を助けなければと少女は思った。
色濃くわかる自分の死は避けられないとしても。
そのためには情報を集めなければならず、
悪魔の魔力を使ってより詳しく未来を占いたいのだという。
未来が漠然としすぎているのは、少女の占いの力がまだ未熟すぎるせいもあるからだった。

自身の死を予見しながらも、それを避けようと躍起になるのではなく、
あっさり自分の命を諦めて他者を心配する少女を悪魔は面白がった。
悪魔は力の一部を貸し与えるため、片目を抜き出して少女に渡した。
少女は悪魔の家に間借りして、目玉を脇に置いて占いに徹する日々を送るようになった。
同居するうちに、少女が本当はひどく死を恐れていることに悪魔は気づいた。
ただ、人を幸せな未来に導く占い師として、他者が不幸になるかもしれないことの方が気にかかっているようだった。
悪魔はそんな少女が段々いじらしく思えてくるようになる。


206 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/26(金) 00:51:36
数日後、やっと自分の死の周囲のことが少女には見えてきた。
どうやら、大勢の犠牲者が出る大惨事の果てに死ぬわけではなく、
何者かに突然襲われ、殺されるようであった。
少女を殺す者の特徴を、悪魔は知っていた。
中位の悪魔で、専ら人に従うことの多い使い魔だという。
恐らくは無差別な犯行ではない。使い魔の主人から少女が恨みを買っており、
そのために命を狙われることになっているのだと思われた。
とりあえず他者にも不幸が降りかかるわけではないと少女は安心したが、
恨まれるようなことをした覚えは全くなく、納得がいかなかった。
事故などなら自然的なものだからまだ恐れながらも受け入れられたが、
誰かに殺されて死ぬと知れば、少女は落ち着いていられなかった。

色々あって少女に恋心を抱くようになった悪魔は、
片目だけとはいわず全身全霊で少女を守ろうと決意した。
代償としての魂も、もう望まなかった。
悪魔自身は占いをできなかったので、強力な魔力を持つ自分なら、
使い魔など楽に倒せるし、わけのわからない占いなど覆せると思っていた。
が、現れた使い魔によりあっさり少女は殺され、傍らにあった悪魔の片目も奪い取られてしまった。

少女を殺すよう使い魔を操ったのは、国一番とも言われる高名な占い師であった。
占い師は使い魔と契約し、その魔力によって地位を確固たるものとしていた。
だが、占いによって、近い将来に自分より優れた占い師が出てくることを知った。
その優れた占い師こそが少女であった。
占い師の見た未来では、少女は悪魔から無償で与えられた強力な魔力を駆使し、
使い魔のヘボい魔力を頼りにしている占い師の腕を遥かに超えるようになっていた。
国一番の座を渡さないがために、その未来がくるよりも先に少女を葬ろうと占い師は画策したのだった。


207 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/26(金) 00:53:12
少女が他者の幸せを考えて悪魔を訪ねてきたこと、
悪魔が少女を守るために魔力を与えようと考えたこと、
それこそが少女を死に追いやることになった。

少女の体から抜けていく魂を、悪魔はただ見送った。
しばらくして、悪魔は使い魔もその主人の占い師も殺した。
占い師はより占いを正確にするため悪魔の目を奪ったが、
自分が悪魔に殺される姿ばかりクリアに見え、恐ろしくなり売却してしまっていた。
占いなどできない悪魔には、自分の目がどこにあるのかはわからなかった。
その目は後にガートルードのものになるのだが、悪魔が片目と再開するまでには数百年の月日がいることになった。
悪魔は空の眼窩が疼くたびに、少女のことを思い出すのだった。

かなりうろ覚え
絵で見てみるとそうでもないんだが、文にすると占い合戦がややこしくなってしまったのでわかり難いかもしれない。
占いを知ったことによる行動をもう一方が更に占って危惧する、というのを互いにやってたって感じです。

 

ガートルードのレシピ 第2巻 (白泉社文庫 く 4-2)
ガートルードのレシピ 第2巻
(白泉社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...