ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その100 » 愛玩用

865 名前:本当にあった怖い名無し :2009/03/01(日) 14:42:29
昔は、犬に服を着せてる飼い主なんてアホだと思ってた。
でも、ある時、ああいう種類の室内犬は、外出させる際には服を着せないといけないんだと知った。
ふつうの獣の毛は、表面に見えている人間の髪の毛みたいな太さの毛と
その下に生えてる保温用の綿毛のような細いうぶ毛との二重構造になっているが、
愛玩用に美しい毛並みを追求して品種改良された座敷犬の一部は
長い毛足の愛らしい表毛を持つ代わりに、本来あるべき保温用のうぶ毛が無いんだそうな。
だから、室外へ出すときは服を着せないと、人間を裸で放り出すのと同じで体温調節できない。

ほかにも、血統書付き血統書付きって犬や猫を飼ってる奴はなんでそんなにこだわるのかと思ってたら、
単なるブランドの誇示目的ではなくて(よく理解もせず飼ってる奴にはそういうのも多いが…)、
きちんと血統書で父母や祖父母の品種のデータがはっきりしてる個体じゃないと、
現代のペット用動物は、人間が見て「かわいい」と思う姿なら
本来の野生動物の性能から言えば奇形として淘汰されるべき遺伝子でも故意に量産しているので
繁殖のときに不用意にどの品種でも掛け合わせてしまえば
親の代では保因者であってもぎりぎりへテロで表面上は現れてなかった致命的な欠陥が
劣性ホモとして子に発現してしまう危険があるらしい。
特に、「これ犬か?」ってくらい元の狼っぽい体つきとはかけ離れてしまってる愛玩犬は
交尾させていい相手はこの品種だけ、とか、ごく少数に限られてるそうだ。

なんか、人間のエゴで生命を弄んでいて、
そのくせ飼ってる奴は「犬、大好き♪ この子はペットじゃないわ、私の家族よ」
なんてスカした顔で言ってるのかと思うと、
勘違い溺愛で服着せたり虚栄心を満たすための血統書だと思ってた頃より尚さら嫌ぁ~な気持ちになった。


869 名前:本当にあった怖い名無し :2009/03/01(日) 15:04:26
>>867
子孫を残す努力の方向性が野生のものと異なるだけで、
意味合いとしては同じだと思う>人間の品種改良による動植物
ペットになってる血統書つきの犬猫は既に野生条件では子孫は残せないかもしれんが、
人間の手によって食物と縄張りと繁殖相手が保障されてるので、
次世代を確実に残すという意味では野生動物より効率的になってるし、

野生の植物が虫を引き寄せて自らの受粉をさせるように、こいつらは人間を金の魅力で引き寄せて
自らの繁殖を助けさせてるだけだと思うよ。
人間の意識からすると「そこに個としての幸福は?」と感じるかもしれんが、
そんなもん深く追求してるのは人間くらいのもんだと思う。


878 名前:本当にあった怖い名無し :2009/03/01(日) 16:35:35
TVで見たんだが、ブルドッグのあの顔の皮だるだるな感じも
愛玩用改良によってあの形になったんだってね。
もともとはスタイリッシュな感じの犬だったのに、今はあんな形。
しかもあのだるだる皮のせいでブルドッグ本人は非常に呼吸しづらいらしい。
皮と皮の間に汚れはたまるわ、息はできないわという話を聞いたらもう
人間というのはひどいことをするもんだなと、なんとも言えない気持ちになった。

879 名前:本当にあった怖い名無し :2009/03/01(日) 17:08:32
フレンチブルなんかあの変ちくりんな体型が災いして
出産のほとんどが帝王切開だよ

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...