ホーム » 体験談 » DQN » モンペvs小さな書店

444 名前:本当にあった怖い名無し :2009/03/22(日) 01:54:13
後味悪い体験談
高校の頃、近所の爺さんが個人でやってるめちゃくちゃ小さい書店でバイトしてた時のこと。
あるとき爺さんが店の壁になにやら英文の書れた紙を貼りだした。
何すかそれと尋ねたら、爺さん曰く「こないだ外国人が万引きしたんだよ。
だから外国の人にも伝わるよう万引きしないでと辞書引きながら英語で書いた」とのこと。
ふーん律儀な爺さんだなと思った数週間後、今度はやたら低い位置に張り紙がされた。
書かれているのは「おかねをはらわずにほんをもってかえってはいけません。
おかねをはらってから、おうちにもってかえりましょう」というオール平仮名の警告文。
まさかと思い尋ねたら、店長曰く「こないだ小学2年の子が万引きして(ry」
さすがに小2の子を警察に突き出すのは気の毒かと思い、厳重注意で帰したらしいが、
俺はとりあえず小学生(しかも低学年)が万引きするという現実に衝撃を受けた。

445 名前:444の続き :2009/03/22(日) 01:55:09
で、更に数日後、その万引き消防の親が店に怒鳴り込んできて一層の衝撃。
親は「うち子供を叱って泣かせた」と怒り「訴える」と大騒ぎ。
子供が万引きしたことについては「子供のすることは見逃すのが店の義務」
という謎の理論でとにかく店が悪い店長が悪いと大騒ぎ。
その親は結局本当に警察に訴えて、もちろん却下されて逆に説教喰らったらしいが、
無責任な噂ってのは恐ろしいもので「あの店の店長は子供を殴って怪我させた」
なんていう根も葉もない誤報にまでなってしまった。
もちろんわかってくれる常連さんも多かったし俺も可能な限り誤解を解いてまわったけど、
ど田舎の店だっただけに風評被害は甚大で、なにより店長がしょぼくれてしまい、
ただでさえ年だというのに胃までやられてしまった。
命に別状があるわけじゃないけど、店をやる気力を失い、結果閉店。

当時はまだモンスターペアレントなんて言葉も聞かなかった頃だけど、
今も昔も常識では考えられないような奴は確かに存在するんだと思い出しては苦い気分になる。
爺さんは閉店後3年ぐらい塞ぎこんでたし。その後どうにか復活して97まで生きたが


446 名前:本当にあった怖い名無し :2009/03/22(日) 03:30:37
>445
どうしようもないバカ親だが、訴えた先が警察ってのが
更に拍車をかけてバカを上塗りしてるな。
本気で店潰す気だったら、珍権弁護士だろ。
金払いたくないって訳じゃなく、素の行動なんだろうな。

こんな救い難いバカでも、結婚して一端の親気取ってるんだから
心底恐ろしいわ。


456 名前:本当にあった怖い名無し :2009/03/22(日) 22:44:09
444読んでムカツキが止まらん。
後味っつーより胸糞が悪いな。

犯罪者の馬鹿餓鬼なんて、全員死ねばいいのに。
あいつらどうせ反省しないし。
反省しないなら、猶予期間とか反省の時間とか与えても無意味じゃん。
更正しない犯罪者は全員死ね。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...