ホーム » 小説 » その他書籍 » 新装版 隣のサイコさん―「いっちゃってる」人びとの内実(別冊宝島編集部)

955 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/22(水) 16:47:39
後味悪い話を軽く一つ。
『となりのサイコさん』の中の「悪魔のような精神科医」から。

精神病院と、入院施設のある精神病院の仲立ち、通称゛ブローカー゛
をやって金儲けしてる人物がインタビューで紹介してる自身の仕事の一例。

軽い躁鬱けのある若い男性。
医者が「こりゃ入院ですな」(入院させた方が儲かる)→ブローカー介して入院。
発言そのまま引用した方が伝わると思うから以下引用↓
ブローカー「じゃかじゃか薬かぶしてね、もう症状はどんどん悪化するわけ(笑)。
なにしろもともと素質抜群だろ、こりゃ止まらんてやつだ。
結局、禁治産者になってね、まだ入ってるんじゃないかな。
面会に来るたびひどくなってるもんでさ、母親なんかは泣くらしいんだけど、
帰り際には医者に『よろしくお願いします』だから、ひどいもんだよ」

何が後味悪いってこんなおぞましい話が実話且つ一例ってところ。


956 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/22(水) 16:49:14
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

957 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/22(水) 17:04:47
>>955
怖・・・。
医者にかかる時は何件か梯子して本当にその病気なのか確認しろ
みたいな事聞いた事あるが
精神科も例外じゃないんだな・・・。

958 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/22(水) 17:36:53
>>955
精神科医は他科医と比較して収入が7倍らしい。
つまりそれだけ(ry

961 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/22(水) 18:40:09
精神病患者って、一回入院したら、ずーっと退院できない(家族がさせない)
患者が多いせいじゃない?
昔は、結構ほかの医者に比べて暇だったらしい。

963 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/22(水) 18:49:41
外に出て犯罪起こされても困るからなあ

964 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/22(水) 19:14:44
>>955だが、追記させて頂くと、
入院先の医者の発言としては、
「長くいていただく必要もあるわけで(笑)…治さず死なさずかな」と。
ちなみにそこの病院では拘束着もただの拘束着ではなく、
囚人の懲罰などで使われるものを参考にしたものを使ってるそうです。
懲罰用だから息も出来ない程苦しいらしい。ここら辺は私欲に加えて完全に娯楽性っぽい。
他にもいろんな実験紛いを含め違反を起こしてるんだが、
県にも役所にもそれなりの手配をしっかりしてるから
宇都宮病院みたいにバレるようなことはない(笑)そうです

965 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/22(水) 19:21:01
拘束着がどうとか役所への手配がどうとかはネタだろうけどな。
実際問題それは無理なんだよ。

974 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/23(木) 02:37:17
精神科のお医者さんは、自分も精神病患者に飲み込まれないように
いろいろ自分なりにセオリーを作らなきゃならんようですね。
親身になって、話を聞きすぎるのもよくないとか。

975 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/23(木) 05:47:51
キ◯ガイに引きずられて破滅するくらいなら、薬漬けにして
檻に閉じ込めとくほうを取るよな…
精神病出た人間ってもう絶対に社会復帰できそうにないし、
以降は税金とか子作りとかの社会貢献も期待できないっぽいし、
年寄りよりも社会のゴミだよな

 

新装版 隣のサイコさん―「いっちゃってる」人びとの内実 (宝島社文庫)
新装版 隣のサイコさん
「いっちゃってる」人びとの内実 (宝島社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...