ホーム » 小説 » その他書籍 » 生きながら火に焼かれて(スアド)

135 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/27(月) 17:56:26
中東もそんなだよね。
「生きながら火に焼かれて」って本。

ヨルダンの少女がいけないと知りつつ恋に落ちて
婚前交渉をしてしまったため義兄の手によってガソリンをかけられ火をつけられた。
これは「名誉の殺人」とされていて、むしろ一族の恥を始末するための正義の行為なんだそうだ。
少女は全身に大火傷をおいつつもパリに逃げ、パリで結婚。
仮面を外すと家族が追いかけて来て殺される可能性があるため
絶対に仮面を外さずに生きているらしい。

 

生きながら火に焼かれて
生きながら火に焼かれて


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...