ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その106 » リリア 4-ever

289 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/29(水) 23:07:50
「リリア 4-ever」という映画。
見たのが前なので間違いがあったらごめん。

リリアは旧ソ連のとある町に住む十代半ばの少女。
母親と二人暮らしだったけど、母親はリリアを置いて恋人とアメリカに行ってしまう。
母親に捨てられたリリアは最初は貯金で暮らしていたが、
蓄えがなくなると仕方なく売春をして生活するようになる。
そんな暮らしの中、同じアパートに住む年下の少年と仲良くなる。
少年も親に見捨てられていて、似た境遇のふたりはお互い心の支えになっていく。

ある日、リリアはスウェーデンから来た青年と恋仲になり、
青年から「スウェーデンで一緒に暮らそう」と誘われる。
現状に嫌気がさしていたリリアは、同じアパートの少年が止めるのも聞かず、スウェーデンに行ってしまう。
実際にリリアがスウェーデンに着いてみるとアパートに外から鍵をかけられて、閉じ込められてしまう。
恋人と思っていた青年は人身売買を仕事にしていて、リリアは売られてしまったのだ。
それからリリアはレイプされ続ける日々。
ある日、ドアの鍵をかけ忘れがあり、リリアは逃げ出す。
しかし、知らないスウェーデンでは行き場が無く、陸橋の上にたどり着く。
そこに現れたのは、羽根が生えた同じアパートに住んでいた年下の少年。
少年はリリアがスウェーデンに旅立った日に自殺していた。
リリアは陸橋から飛び降りる。
羽根の生えたリリアが、羽根の生えた少年と戯れるシーンで終わる。

出てくる大人がみんな悪い奴で、救いようがない話だった。

 

Lilja 4-Ever [Import] [DVD]
Lilja 4-Ever [Import] [DVD](※海外版)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...