ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その107 » 実在霊能力者漫画の話

29 名前:在霊能力者漫画1 :2009/08/17(月) 21:38:22
実在霊能力者漫画の話しを投下。

相談者はA子。長身で美しい女性。
事件の発端は10年前、仕事でB子と出合った事だった。
同じく長身美女B子と意気投合したA子。
二人は急速に親しくなっていく。
ある日二人は温泉旅行へと出かける。
そこで同じく旅行に来ていたC男、D男に声を掛けられる。
酒を飲み盛り上がる4人。偶然にもA子とC男は同郷の人間であった。
地元話にD男も加わり盛り上がる3人、一人浮かない顔をするB子であった。
翌日ドライブの約束し別れる4人。
旅館に戻るA子とB子。だがB子は不機嫌そうに黙ったままだった。
それを問い詰めるA子にB子は3人でばっかり盛り上がってずるいと言う。
ぐちぐちと話すB子腹が立ったA子はだったら明日は大人しくしてるよと告げる。
そんなA子にB子はC男がタイプなので二人で後部座席に座りたいと言うのだった。
翌日、ドライブに出掛ける4人。
B子C男D男の3人ので会話は盛り上がる。
すっかりしらけてしまったA子いつのまに眠りについてしまうのだった。


30 名前:在霊能力者漫画2 :2009/08/17(月) 21:39:16
A子が目覚めた時、そこ病院だった。
なんと4人の乗った車が事故を起こしたという。
奇跡的に軽症だったA子、だが3人は即死だった。
車を運転をしていたD男の両親が登場し、本当に息子が運転していたのかとA子を問詰める。
あなただけ軽症で良かったわねと捨て台詞を吐くD男母。
また、お前が死ねば良かったのにと嫌がらせの手紙を送らたりもする。
更なる不幸がA子を襲う。輸血によりC型肝炎に感染してしまったのだ。
A子は退院後も体調不良の日々を送る。
生きているのか死んでいるのか判らない日々。
そんなA子を支えていたのは優しい母の存在だった。
しかし、そんな母も病死してしまう。すっかり、落ち込んでしまうA子だった。
そんな話を聞き霊能力者E子が霊視する。
E子によると、A子を傍らにはB子がいるという。
どす黒い魂の持ち主だったB子は悪霊と化している語るE子。
B子を追い払うE子。そうしてA子は救われるのだった。

漫画は以上で終了。
その後にE子と別の霊能力者F子、そして漫画の作者の3人の座談会が掲載されていた。
B子がどれ程魂の汚れた人間かを語るE子。それに同意するB子。
作者はそれが分かるエピソードをA子に聞いたが、二人が出会ってから間もない頃の
出来事だったのでうまく聞き出せなかったと語る。
あんなにどす黒い魂の持ち主はそうそうは見かけない。
B子と出合ったA子は災難だったわね。というE子の言葉で終わる。


31 名前:在霊能力者漫画3 :2009/08/17(月) 21:39:57
ここからは俺の感想。
なぜ、そこまで悪しき様にB子を罵れるのか理解出来ない。
B子が嫌な人間だったエピソードは何も無かったんだろ。
盛り上がってるのに不貞腐れてたのはA子もB子一緒だろと思った。
嫌がらせをしたのはD男の両親だよな。
その後の体調不良だって肝炎と事故の後遺症と考えるのが普通じゃねえか?
百歩譲って霊の仕業という事にして気が楽になると言うなら嘘も方便という事で認めよう。
でも、なんでそこまでB子を貶める必要があるんだ?
ああ、貶めてる訳じゃないんですね。
霊能力者だから何でもお見通しなんですね。
呆れるのを通り越してなんか腹が立った。

32 名前:本当にあった怖い名無し :2009/08/17(月) 21:44:44
ネタ漫画に本気になっても仕方ないよ。
どうせA子もB子も存在しないんだからさ。

>B子がどれ程魂の汚れた人間かを語るE子。それに同意するB子。
ここで吹いたのは秘密だ。


34 名前:本当にあった怖い名無し :2009/08/17(月) 22:12:51
良かった、死後理不尽に罵られまくるB子なんて居なかったんだ…

冗談は置いといて後味悪い。
死人にくちなしで反論できないのをいい事に。


36 名前:本当にあった怖い名無し :2009/08/17(月) 22:56:58
>>32 >>34
>漫画は以上で終了。
>その後にE子と別の霊能力者F子、そして漫画の作者の3人の座談会が掲載されていた。

ということは、「実録・本当にあった怖い話」みたいな感じで
霊能力者E子の除霊体験談を、その漫画家が作品化してるのかと思ったんだけど…。


40 名前:本当にあった怖い名無し :2009/08/17(月) 23:53:07
>>36
その通りです。
多分、32.34共理解した上での発言だと思います。

この手の話は相談者とか事件が実在するのか?と言われれば
個人的には話半分と捉えるのが一番楽しいのではないかと思ってます。
漫画の部分だけだったら眉唾眉唾で流せたと思う。
現実感を高める為に座談会を掲載して、そこでニヤニヤ笑いながら
死者に鞭打つような発言をする姿勢がムカついたんだよね。
少なくとも自称霊能力者と太鼓持ちの漫画家は実在する訳だから。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...