ホーム » 小説 » 小説/さ行 » そして粛清の扉を(黒武洋)

340 名前:本当にあった怖い名無し :2009/08/25(火) 12:34:02
『そして粛清の扉を』

メインストーリーは、冴えない中年の女教師と思われていた主人公が、
底辺DQN高校のさらに底辺クラスを乗っ取って篭城、犯罪者レベルの悪ガキを処刑していく、というもの。
(人によっては)後味スッキリだと思われるwww

後味悪いのは、生徒の一人のエピ。Aとする。
Aの父は、ある女性と不倫の末離婚、不倫相手の女性と同棲を始める。
だが元妻は離婚成立後もA父に付きまとい、挙句に「あなたの子供を妊娠したわ…!」
と宣言。すったもんだの果て、A父は元妻と元鞘に納まった。この時の子供がA。
成長したAは昏睡強盗(しかも若い女性専門、金品だけじゃなくもれなくレイプのおまけつ
き)の常習犯、女教師に処刑された悪ガキの一人となる。

不倫相手と(元)妻の間をふらふらしていたA父が一番悪いとは思うのだが、成長したAの
姿を見るに、妊娠をたてにデキ再婚(逆略奪とでも言いますか)しても
結局幸せな家庭にはならなかったことが窺い知れて後味が悪い。


341 名前:本当にあった怖い名無し :2009/08/25(火) 13:18:01
処刑されたならスッキリ
されなかったら後味というか胸糞話だな
何はともあれ乙。

342 名前:本当にあった怖い名無し :2009/08/25(火) 14:01:41
その話って女教師の娘がDQN共に絡まれてるうちに
事故で死んじゃったのでその復讐でクラスを乗っ取って篭城って
流れだったと思うけど、Aも娘の死に関わってたよね、たしか?
ならそんなDQN父の種のせいで主人公の女教師の娘が死ぬことになって後味悪い。

 

そして粛清の扉を (新潮文庫)
そして粛清の扉を (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...