ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » まちんと(松谷みよ子)

572 名前:本当にあった怖い名無し :2009/08/31(月) 23:10:59
松谷みよ子作の「まちんと」って話を思い出した。
———————————————–
広島に原爆が落ちた日の話。
3歳の女の子も被害に遭った。体中の皮膚が焼けただれ、苦しそう。
お母さんはトマトを持っていたので、女の子に与えた。口に入れてやると、
よほど美味しかったのか「まちんと(もうちょっと)」「まちんと」とねだる。
しかし、持っていたトマトはその1個だけ。
お母さんは「まちんと」と呟き続ける娘のために、焼け野原にトマトを探しに行く。
ようやく1つ見付けて戻った時には、既に娘は事切れていた。

 

まちんと (絵本・平和のために(1))
まちんと (絵本・平和のために(1))


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...