ホーム » 体験談 » いじめ・差別 » 知的障害一家

883 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/02(月) 18:22:35
同じく障害がらみの話だから気分悪かったらごめんね。

小学生の頃学級委員だった。
知的障害の子を分ける特殊学級みたいなのはなかったから
普通にクラスの中にそういう子がいた。
いじめるバカもいたけど、うちのクラスにいた知的障害の子は(どっちも女の子)
おとなしく、他害行動もなかったのでいじめる奴がほぼ一方的に悪く、
周囲がかばってやれば済むだけのことだった。

ある日、知的障害がある女の子Aの方がゲロを吐いた。
学級委員だったから面倒みて、具合がよくなったのをみて家まで送った。
以下、気分を悪くしたらすいません。

そこで初めて知ったが、Aの両親はともに知的障害者だった。
すでに中学生だった兄も同上(この兄と父親が一番重度に見えた)。
一番下の、たぶん低学年の女の子だけが健常だった。
この妹が歳にしてはありえないほどしっかりしていて、年下とは思えないような
挨拶とお礼をされた。
家の中はすごく不潔で、トイレの戸がなくて中が丸見えで、
妹はそれを見られたのが恥ずかしそうだった。

あの子が今どうしてるだろうかと思うと、今でもちょっとせつない。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...