ホーム » 小説 » 小説/は行 » 飛行具(レイ・ブラッドベリ)

30 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/09(月) 01:53:50
ブラッドベリの短編
大昔の中国。
凧職人が凧を作りそれに乗って空高く舞い、皇帝にご覧に入れた。
人間が初めて鳥のように自由に空を飛ぶことができた喜びや
空からのすばらしい眺めを職人は語った。
けれども皇帝は、すぐさま職人を死刑にした。悲しみにくれて。
人がこんな道具を手に入れたら、
空からの美しい眺めを楽しむためではなく、戦争に使うに決まっているから。

 

スは宇宙(スペース)のス (創元SF文庫)
スは宇宙(スペース)のス (創元SF文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...