ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その110 » ホセイン兄弟

264 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/17(火) 21:37:48
子供の頃に世界の珍事件紹介系の番組で見た話、ちょっとうろ覚え

昔イギリスで誘拐事件が起こったんだが
当時のイギリスではそれまでの約100年位まったく「誘拐」という犯罪が起こっていなかったので
警察は誘拐捜査のノウハウが分からずてんやわんやになって逮捕に失敗したり
誘拐の実行犯である兄弟も思いつきでやった犯行な上に本人達も学も無いお馬鹿な奴らだったので
双方とんちんかんなことばっかりしてとんだドタバタ劇になってしまいましたと言う笑い話な感じだった

「金持ちを攫って金をせびればいいのさ!」「すげぇや兄ちゃんあったま良い!!」

新聞社かなんかの社長夫人だと思っておばさんを誘拐するも実はまったくの別人で只の平社員の奥さんだった
とか
「身代金受け渡しの時に何としても犯人を捕らえるぞ、捜査員を変装させて総動員だ!」

捜査員配置しすぎで人口密度たかくなり過ぎて犯人にバレる
みたいな感じで犯人の兄弟のおバカな田舎者な感じの掛け合いとか
まじめに捜査しすぎて失敗する警察の人々の様子がかなりコミカルな感じでコントみたいな再現VTRで紹介されてて
途中まではかなり笑ったんだが
最後の事件解決の辺りになって犯人の兄弟は逮捕されるんだがその話の締めくくりが

犯人は無事逮捕された、しかし誘拐された夫人は帰って来なかった

みたいなふうになっていた
それから事件後の捜査で夫人はかなり早い段階で殺されていたらしい的なことが仄めかされるんだが
そこまでずっとコントみたいなノリだったし
犯人もあほなだけで根っからの悪人じゃないと根拠も無く思っていたので
事件も平和に解決して当然夫人も無事帰って来るだろうと思っていた
結末までは普通に大笑いしていただけにいきなり悲惨な結末になって後味が悪かった

 

現代殺人百科(書籍)
現代殺人百科(書籍)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...