ホーム » 小説 » 小説/ら行 » ひぐらしのなく頃に 語咄し編/リトル・デーモン(長門千尋)

520 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/28(土) 23:25:47
ひぐらしのなく頃に公式アンソロジーの一編
1945年戦時中の日本、任務後の事故により1人の米軍の青年がとある村の森林に落下する
命は助かったものの両足負傷、食料も無い状況
そんな中、村の少女が発見し後に友人の少年と一緒に怪我の手当てと芋を食べさせてくれる
次の日以降もやって来て3人はお互い片言ながら色々な話をし仲良くなった
ある日少女が伝統芸能の踊りを披露してくれ青年は感激した
青年は戦争が終わったら2人を引き取ってアメリカで幸せに暮らしたいと望む
何日かして村人達を誤魔化しながら少女の家に移送して貰ったが
家にあった少女と死んだと言っていた彼女の兄が仲良く写っている
写真を見て愕然、自分が殺した日本兵だったのだ
それから気絶した後、神社の建物内で身動きを取れないようにされていた
村の女は昔は生贄で村が栄えていたけど近年は非人道的と他所から
非難されていたので止めていたけど敵兵なら問題無し的な事を言う
助けてくれた筈の少年も久しぶりに肉が食えると大喜び
少女も女に事前の生贄に対する踊りはした?と聞かれた後
兄の仇と青年を絶命するまで何度も切りつけた

526 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/29(日) 01:01:03
>>520
米兵の自業自得といえなくもないが、むっちゃ後味悪いな。

 

ひぐらしのなく頃に 語咄し編―スクウェア・エニックス小説大賞アンソロジー
ひぐらしのなく頃に 語咄し編
スクウェア・エニックス小説大賞
アンソロジー
ひぐらしのなく頃に 語咄し編 コミックアンソロジーEX. 第二集 (ガンガンコミックス)
ひぐらしのなく頃に 語咄し編
コミックアンソロジーEX. 第二集
(ガンガンコミックス)(漫画)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...