ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その111 » カムイ伝 外伝(白土三平)

580 名前:本当にあった怖い名無し :2010/01/20(水) 22:04:11
漫画カムイ外伝の「イヅナ返し」、とかいう題名の話だったか。

抜け忍のカムイへの刺客として差し向けられた若い姉弟忍者。
姉弟ならではのチームプレーで追いつめつつ
弟の方が最初に攻撃しかけるんだけど、カムイの必殺技「イヅナ落とし」をくらい、
カムイ側の寸前の手加減によって一命こそ取り留めたものの頭強打による後遺症で痴呆というか廃人化。
明らかに一人での生活能力ゼロとなる。
姉忍者はその様子をみて(いっそあの時殺してくれてた方が…)とか心痛めるが、ふとしたきっかえで
自分一人でもカムイを倒せるかも知れない可能性に気づき、その後カムイに単身で挑むもやっぱり失敗、
姉は死にカムイはまた何処へともなく逃れの旅に出るというシーンで終わり。

…という粗筋なんだけど、姉忍者が最後に仕掛けてきたイヅナ返しというその技がどう考えても100%成功した所で
相手と共倒れ、失敗すればまず自分の方だけ確実に死ぬであろうという代物。
恐らくこの世でたった一人の保護者であったろう姉が死んだとなれば、
廃人の弟クンはその後どうやって生きれば良いんだ~と
子供心に考えてしまいものすごく読後に落ち込んだ。
大人になった今としては、姉がカムイの元へ単身向かう前に
(1)自分の命と引き換えという条件で、味方の誰かに弟の後生を託した
(2)姉自らが既にひとおもいに弟を手にかけていた
位のオチしか思いつかないが。


581 名前:本当にあった怖い名無し :2010/01/20(水) 22:07:18
カムイの世界観じゃ
単に野垂れ死にすると思う。

582 名前:本当にあった怖い名無し :2010/01/20(水) 22:38:51
カムイはどんな善人でも報われることなくばたばた死んでいくからなぁ。
ハッピーエンドだったことなんて一度もないんじゃないか。生き残るのはいつもカムイ一人って感じ。
片足の凄腕の剣客、水無月右近が好きだったけど、あっけなく死んで泣けた・・。

583 名前:本当にあった怖い名無し :2010/01/21(木) 03:02:30
痴呆になるのは白土三平流の救済なんだよ、そうなることで殺し合いから解放される
そうして山をふらふらしているような人物がたびたび登場してくるし

サスケも最後は廃人になってしまって、敵対する忍者に殺されそうになるのだが、
「もうこいつは忍者じゃない」と捨て置かれて、さ迷い歩く姿でエンドだし


586 名前:本当にあった怖い名無し :2010/01/21(木) 09:13:31
>>583
うっそー 少年忍者のくだりしか読んでないので驚愕の事実>サスケの最後

587 名前:本当にあった怖い名無し :2010/01/21(木) 09:38:33
この間の実写映画も、そのラストシーンにすれば良かったのにな

 

決定版カムイ伝全集 カムイ伝 外伝 全11巻セット
決定版カムイ伝全集 カムイ伝 外伝 全11巻セット


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...