ホーム » 小説 » 小説/さ行 » スレイヤーズ/クリムゾンの妄執(神坂一)

47 名前:1/3 :2010/02/17(水) 07:44:23
アニメ・漫画系のネタが嫌いな方はスルーしてください

スレイヤーズ「クリムゾンの妄執」

主人公のリナと相棒のガウリイは一人の少女を連れ
反乱の地クリムゾンシティへと向かっていた

少女の姉はクリムゾンシティの魔道士協会(魔法の大学のようなもの)
の評議長と結婚しており、今回の反乱はその評議長が起こしたものだった
姉の頼みで少女は一人町を脱出し、近くの町へ反乱を知らせに向かった
ほどなくして反乱が起こり、領主は殺害され町は制圧されてしまった

少女の報告で国王軍は動き出し、魔道士協会も魔道士の派遣を進めていた

解決はもはや時間の問題だったが、このままでは姉も巻き込まれてしまうため
姉を助けるために、少女はリナたちに助けを求めたのだった

途中魔道士の男も仲間に加わり、四人はクリムゾンシティへと到着した
男の家へ向かい姉と再会するが、評議長とその部下に阻まれ助けることが出来なかった
一行は一端退却をするものの、その際に少女を庇って魔道士の男が死んでしまう

魔道士の男の亡骸を葬り、体制を整え三人は再び男の家へと向かった
評議長達は体を改造しており、苦戦するが何とか倒すことが出来た


48 名前:2/3 :2010/02/17(水) 07:46:20
姉の元へ向かうと、姉は寂しそうな目で語り始めた

姉にはかつて婚約者がいた
二人はやがて幸せな結婚をするはずだった
しかしそんな姉に言い寄ってきたのが評議長をしていた男だった
男は魔道士としての腕は評価されていたが、人望はなく女房にも逃げられていた
姉との年齢も倍近く違い、この条件で姉がなびくはずもなく
婚約者の存在を理由に断っていたが、ある日突然婚約者が謎の死を遂げてしまう
男は再び姉に結婚を迫った。妹を同じ目に合わせたくないなら・・・と

男の言葉は出任せだったのかも知れない
しかし姉にはその言葉が真実だった
妹を守るためには男と結婚するしかなかった
男は手に入れたものには興味が薄れる性格のようで
姉の結婚生活はお世辞にも幸せとはいえなかった

姉の心にはいつしか憎しみが募っていった
そんな姉の思いに答え、力を与えてくれた存在がいた(リナたちの敵の魔族です)
姉は彼女が与えてくれた魔剣で男達を改造し、反乱を起こさせたのだった

妹を愛しているから一人で逃がした
反乱を伝えさせるため、そして巻き込まないために
妹を憎んでいるから一人で逃がした
一人で逃げたことを後悔させるために

姉の復讐は、男に反逆者の汚名を着せることだった
口封じのため、姉は魔剣と同化し三人に襲い掛かった


49 名前:3/3 :2010/02/17(水) 07:50:12
姉と同化した魔剣には切った者の能力をコピーする能力があった
魔剣の性質を知った少女は、リナに姉を救ってくれるように頼み
自ら魔剣の元に飛び込んでいった 

魔剣を通して妹の深い想いを知り、姉の心からは憎悪が消え
その体は泣いているかのように微かに震えていた

しかしこのままではやがて魔剣が姉の心を乗っ取ってしまうため
少女の願いに応えるために、そして姉の心を救うために
リナは魔法で生み出した刃を静かに振り下ろした

駄文失礼しました

小説の第二部は重い話が多く、この「クリムゾン~」は
初めて味方サイドに死者が多数出た話になっています

次の巻で今回姉に力を貸した魔族を倒すのですが
その時に共に行動した騎士が、その次の巻では
魔族に囚われ、改造され敵として登場したりします


50 名前:本当にあった怖い名無し :2010/02/17(水) 07:53:51
>>47
>男の家へ向かい姉と再会するが

評議長の家のことです
分かりづらい表現ですみません


53 名前:本当にあった怖い名無し :2010/02/17(水) 23:46:54
>>47
なっつかしいなあスレイヤーズ。
確かにクリムゾンは後味悪くて好きだった。乙です。

原作本編は結構ダークなのあったよね。

 

スレイヤーズ11  クリムゾンの妄執 (富士見ファンタジア文庫)
スレイヤーズ11 クリムゾンの妄執
(富士見ファンタジア文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...