ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その112 » 道

561 名前:1/2 :2010/03/17(水) 23:58:44
イタリア映画「道」
フィギュアスケートの高橋大輔のプログラムに使われたということで観てみたんだが
なんとも言えない気持ちになった

旅芸人の男ザンパノに買い取られたジェルソミーナ。
旅を続ける二人は体の関係があるように見えたり
ジェルソミーナのことを他人に妻だと紹介したりするが
ザンパノは彼女のことを放置して、他の女と遊びに行ったりする。

盗みまでするザンパノに、嫌気がさしたジェルソミーナは彼から逃げる。
そこでサーカス団に出会い、綱渡り芸を見て心惹かれるが
ザンパノに連れ戻され暴力をふるわれてしまう。

ザンパノはジェルソミーナとともにサーカス団に所属するようになる。
そこで綱渡り芸人の男と再会するが、彼とザンパノは古くからの知り合いらしく
二人の仲は決して良好ではなかった。

ある日、その二人は喧嘩をするが、ザンパノがナイフを持っていたこともあり
警察に捕らえられてしまう。
サーカス団の団長は二人をクビにするが
ジェルソミーナにはともに来るように提案する。
しかし、彼女は決めかねるようだった。

その日の夜に戻ってきた綱渡りの男から、ザンパノも明日の朝には出るだろう伝えられる。
男と旅に出る道もあったジェルソミーナだが、自分も道端の小石のように意味があると
ザンパノと旅を続けることにする。


562 名前:2/2 :2010/03/18(木) 00:00:06
数日後、二人で旅をしているときに、綱渡りの男が車の修理をしているのを目撃。
腹の虫がおさまらないザンパノは彼を数発殴るが
打ち所が悪かったのか、綱渡りの男は死んでしまう。
そばで見ていたジェルソミーナはショックから放心状態に・・・。
会話もままならない彼女をザンパノは置き去りにして、一人旅に出る。

数ヶ月か数年たった後、サーカス団の一員として海辺の町を訪れたザンパノ。
そこで、ジェルソミーナが好きだった曲を口ずさむ女性に会う。
彼女から、ジェルソミーナは亡くなってしまったと聞く。

ザンパノは酒をあおり、夜の浜辺で一人泣き崩れた。

ザンパノが後悔してる分、マシかもしれないが
結局誰も救われない
高橋の演技を先に見てしまったので、まさかこんな話だとは思わなかった

 

道【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
道【淀川長治解説映像付き】 [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...