ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その112 » あたしの恋人(谷山浩子)

571 名前:本当にあった怖い名無し :2010/03/19(金) 12:38:49
30年以上前の古い曲だけど、谷山浩子の『あたしの恋人』。

「あたしの恋人は飛行士で…」と物悲しい旋律で始まり
「初めての空を飛んだときに」の段階で既に嫌な予感しかせず、
「真っ赤な炎を吹き上げながら 落ちてきたけど…」で うわあああぁぁぁとなって
「死ななかった」で一瞬 あれ?となる。

でも、助かったというよりは単に「死ななかった」にすぎず
どうやら寝たきりの不随状態になったらしくて、
しかも夜な夜なフラッシュバックする墜落時の悪夢にうなされては彼女にすがりつき
一生そんな状態が続くっぽい。
それでも彼女は「あなたが好き… あなたが好き… 死ぬまでそばにいてあげるよ」
と暗い声で歌い上げていて、純愛ではあるが どことなく精神がまいって病んできてそうな雰囲気もする。

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm835681


572 名前:本当にあった怖い名無し :2010/03/19(金) 13:15:55
ちぎれくだけた~とか言ってるしすごい有様になってそう

 

Memories (紙ジャケット仕様)
Memories (紙ジャケット仕様)
花とゆめ
花とゆめ


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...