ホーム » 体験談 » いじめ・差別 » 痴人は時として賢い

518 名前:本当にあった怖い名無し :2010/05/26(水) 23:23:04
昔乗ってたバスによく池沼4人が乗ってたんだ。
みんな結構仲良さげで常に一緒なのに必ず1人をいじめてるんだよ。
ネチネチとホントにしつこく嫌~な感じで・・・。
とにかく降りるまでずーっと大きな声で
「〇〇ちゃんは気持ち悪い」(言ってる奴も〇〇ちゃんと同じような顔)
「〇〇ちゃんはデブ」(言ってる奴は更にデブだったりする)
みたいな感じで言われてる奴は泣きそうで
これが普通の子のイジメなら「ごるああああ」って感じで注意もできるけど
池沼だし・・・注意して逆上されたらどうしようとか考えちゃって
最初はただその異様な集団を見つめるしかなかった。
そのイジメが始まるとバスの乗客が皆黙り込むんだよ。
ピーピー五月蠅かったおばちゃんもキャーキャー言ってた女子高生集団も。

なんとも言えない嫌~な気分でバス降りて注意するべきだったのか?とか悩んで。
でも次の日にはいじめてた奴がいじめられてて
いじめられてた奴がいじめてたり他の子が標的だったりで
とにかく標的は毎日(たぶん)順番に変わるって事に気付いてから
「注意するべきだったのかな・・・」とか悩んだ自分が馬鹿だったなと
心底アホらしくなったのを覚えてる。
それからは、健常者は障害者を理解なんてできないから
助けを求められれば手を貸すけど、それ以外は極力接触を避けるようにしてる。
その世界にはその世界のルールみたいなのがあるんだろうから
理解できない奴が口出しして更に問題悪化とかするよりは
スルーしてた方がいい事もあるんだろうな。と思うようにしてる。


519 名前:本当にあった怖い名無し :2010/05/26(水) 23:45:41
>>518
>
とにかく標的は毎日(たぶん)順番に変わるって事に気付いてから

賢いなあ。
他人を見下して喜ぶという普通の社会常識では悪徳とされること、
しかし人間時としてそういう気分に浸りたいことが現実にあるこのジレンマを
順番でいじめるという手法で見事に解決している。
痴人は時として賢い。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...