ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その113 » 評決のとき

769 名前:1/2 :2010/06/09(水) 20:03:32
差別とレイプで評決の時って映画を思い出した。
かなり昔に観たので記憶は曖昧。

主人公は若手弁護士。
ある日殺人犯の弁護依頼が舞い込んでくる。
加害者は黒人、被害者は白人。
白人男が黒人の娘をレイプして殺害したが、差別のひどいこの地域では
白人が正当に裁かれる可能性は薄いため父親は自らの手で復讐したらしい。

最初から不利な状況で幕を開けた裁判は、裁判官もマスコミも街の住人もみんな敵。
「黒人の味方をするなんて」と主人公の家族も非難され、子供がいじめられる。
助手の女性も襲われて入院、主人公も命の危険にさらされる。
そんな中で主人公は戦い続け、最終的に無罪を勝ち取った。


770 名前:2/2 :2010/06/09(水) 20:04:56
で、無罪を得た弁護ってのが娘がされたことを詳細に語る手法。
「小学生の女の子が、大人に捕まってレイプされる。
痛みと恐怖で泣き叫ぶ女の子を見てゲラゲラ笑う男達。
レイプに飽きた男達は、女の子を壁際に立たせ石投げの的にした。
必死で体を縮めて石を避ける女の子。
それにも飽きた男達は女の子を殺すことにした。
逃げようと暴れる女の子を押さえつけ、首に縄をかける。
大きな木に吊したが縄が切れてしまう。
試みが失敗したことに腹を立てた男達は、女の子を川に投げ込んだ。
そして彼女の父親は復讐を果たした。この女の子の肌がもし白かったら…」

女の子がやられた暴行もすさまじいけど、最後の一言がまた後味悪い。
主人公は差別イクナイ!って立場で町中が敵になっても頑張ってたのに、
最後の最後でそこんとこを利用しないと裁判に勝てなかった。
いろんな意味で後味が悪かった。


771 名前:本当にあった怖い名無し :2010/06/09(水) 21:01:04
>>769
それ見てかなり暗い気分になった事思い出したよ・・・。
ただ、娘って死んだっけ?
かなりの重傷だったのは覚えてるが(子供産めない身体に~みたいな)
途中黒人パパが主人公に
「お前の子供と俺の子供は一緒には遊ばないだろ?」みたいな事言って
主人公が自分も差別してる側だって事に気付いて
ラスト主人公の娘と黒人の娘が一緒に遊んでて
それを4人の親たちが見守るような感じだった気がするんだが・・・。

 

評決のとき [DVD]
評決のとき [DVD]
評決のとき〈上〉 (新潮文庫)(原作)(全2巻)
評決のとき〈上〉
(新潮文庫)(原作)
(全2巻)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...