ホーム » 小説 » 小説/タイトル不明 » 争いをしないのであれば価値は無い

406 名前:本当にあった怖い名無し :2010/08/21(土) 02:04:07
昔読んだ短編小説

地球上の全ての国が和平条約を結んだ
代表者(多分合衆国大統領)が
「我々人類は今度一切の戦争を起こさないと誓う」みたいな演説をする
その直後、全人類が突然謎の死を遂げる

一方、地球のすぐ側を飛んでいた宇宙船には宇宙人が乗っていた
一人の宇宙人が上司の宇宙人に質問した
「地球人を絶滅させてもよろしかったのですか?」
上司の宇宙人は答えた
「地球人は高い知能を持ちながら同種族同士で殺し合うという稀有な種族だった。
 だから我々は長年地球人を観察してきたが、もう争いをしないのであれば価値は無い」
END


407 名前:本当にあった怖い名無し :2010/08/21(土) 02:28:05
不条理w

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...