ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 獣舎のスキャット(皆川博子)

408 名前:本当にあった怖い名無し :2010/09/21(火) 11:00:55
皆川博子の短編。

「獣舎のスキャット」
頼りない親の代わりに薬局を一人で切り盛りする娘。
弟に対し、多少歪んだ愛情を抱いている(盗聴するなど)
だが親までもが少年院上がりの弟を極端に溺愛し、自分達が
死んだ後は店舗を弟に譲ろうと考えている。それが許せなかった娘は
弟が院時代に雌豚を相手に性欲を満たしていた事実を調べ上げ、
近所の豚舎に弟とその恋人を誘い出し、証拠を突きつける。
しかし「それがどうした」と返り討ちに遭い気絶させられ、
目覚めた時には豚舎の中で縛り上げられ、雄豚にのし掛かられていた。
悲鳴を上げるも助けは来ない。加えて自身の肉体がこの状況に微かな昂ぶりを
覚えていることに愕然とした娘は、泥に顔を埋めてすすり泣いた。END

 

悦楽園 (ふしぎ文学館)
悦楽園 (ふしぎ文学館)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...