ホーム » 小説 » 小説/か行 » 悪夢の棲む家 ゴースト・ハント(小野不由美)

524 名前:本当にあった怖い名無し :2010/09/25(土) 20:48:42
「悪霊の棲む家」 作:小野不由美
元々「悪霊」シリーズとしてティーンズ文庫から出されていたシリーズの続編。

全体的にうろ覚えだけど、あらすじ自体は普通のホラー小説なため簡単に説明。
ある中古の家を買った母子に霊現象やポルターガイストが襲いかかる。
それの解決を依頼された主人公属する心霊現象の調査事務所が調査に赴き、
最終的に霊現象の原因を突き止め事件を解決するストーリー。

後味悪い部分は、事の発端となった殺人事件について。
==================================
母子の買った家は以前はA家、隣の家にはB家が住んでいた。
ある時A家とB家の間にトラブル(どういうトラブルだったかは忘れてしまった、ゴメン)が起こりA家はB家を訴えることに。
B家は何とか訴えを取り下げてもらおうとするがA家が応じなかったため、A家の殺害を計画。
ある晩、A家にB夫婦で侵入しA家の人々を惨殺。その場には男の子もいて、
B妻が「子供までは殺さなくても」と夫を止めるもののB夫は男の子も殺害。
血まみれになったA家を夫婦で後始末している最中、夫婦で諍いになったためB夫はB妻も殺害。
この時点で既に気がふれてしまってたらしいB夫は翌日朝になっても
血で汚れたままの雑巾でそのまま壁を拭いたりなど錯乱状態。

そこへ修学旅行か林間学校から帰って来たA家の長女が、
家族が殺されたこともまだ家の中に殺人鬼がいることも知らずに帰ってくる。
B夫は帰って来た長女も殺害し、最終的に自殺してしまった。
==================================

この殺人事件が発端となってストーリーでは、A家の殺された男の子の霊が依頼人の母子の母親の方にとりついたり、
現在の隣人家にB家の霊がとりついて母子を殺そうと襲いかかってくるって展開になるんだけど…。

A家長女が帰ってくるのがあと1日遅ければ1人だけでも助かったかもしれないと考えたり、
逆に練馬一家殺人事件みたいに一人だけ生き延びたとしても家族全員惨殺されて
家も血まみれにされてって状況も残酷だなと考えるとA家長女がどっちに転んでも報われなくて後味が悪かった。


527 名前:本当にあった怖い名無し :2010/09/25(土) 22:15:21
>>524
その事件にはモデルとなったと思われる(明言はされてないけど)実際の事件があって
そっちはさらに後味悪いぞ。

練馬・一家5人惨殺事件
ttp://yabusaka.moo.jp/neirmaikka.htm


540 名前:本当にあった怖い名無し :2010/09/26(日) 11:19:10
>>524で思い出した。同シリーズのエピソードの一つ。

とある女子高からの依頼で調査に向かうことになった主人公たち心霊調査事務所の一行。
そこでは一つ一つは些細だが膨大な量の怪現象が発生しており、
それらは全て一人の生徒(A)の呪いなのではないかとまことしやかに囁かれていた。

原因は少し前にAを中心として起こった騒動にある。
彼女は所謂スプーン曲げが出来る人間で、その噂が広まって
校内が「超能力を信じる派」と「信じない派」で二分されてしまったのだ。
最終的には朝礼の際に全校生徒の前で吊し上げられる事態にまで発展し、
ついにブチ切れたAは否定派の教師に向かって「呪ってやる」と口走ってしまったのだという。
怪異が起こり始めたのもその直後からだったため、今ではAは孤立無援に近い状態だった。
唯一彼女に親身に接してくれるのは女性教師(B)だけで、
Aは穏やかで超能力に対する理解もあるBを信頼していた。

調査を進めていく内に、主人公は怪異の原因がヒトガタを使った呪詛であることを突き止める。
更には主人公たちも呪われて怪異に遭い、その事件が切っ掛けで所長が怪我を負ってしまう。

しかしそのお蔭でBが真犯人だと判明した。
彼女は幼い頃、かのユリ・ゲラーの来日によって超能力に目覚めた子供の一人だった。
このような超能力者はマスコミからもてはやされたが短期間で能力を失うことが多く、
Bもやがてトリックに頼るようになってしまい、そのことで酷くパッシングを受けたことがあったのだ。

自らの行為が露見してもBは柔和な態度を崩さないままだった。
動機を尋ねられた彼女は微笑みながら「ほんのイタズラのつもりだった」「悔しかったから」と答える。
所長はこのまま呪詛を続けていたら最悪死者が出ていたかもしれないと責めるが、
Bは「それは不幸なことだが、そうすれば皆科学では割り切れない事もあると思い知るだろう」と
事も無さげな様子で呟いた。

最終的にBはカウンセリングに通うことになって事件は解決するし、
Aと主人公たちとちょっと親しくなって救われた感じではあるんだが、
超常現象に人生を歪められているという点で、Bみたいな淡々と狂った描写は後味が悪かった。


541 名前:本当にあった怖い名無し :2010/09/26(日) 14:06:25
「ゴーストハント」でアニメ化された話だね
途中までしか見てなかったけどそういうオチだったか

542 名前:本当にあった怖い名無し :2010/09/26(日) 14:36:21
ゴーストハントは作品を取り巻く状況も後味悪い。

「イケメンだけど嫌なやつ!でも何だか惹かれちゃう…!」な典型的ティーンズ小説に
「ゲーム大好きなんですぅ♪」なオタク丸出しの後書きで始まったゴーストハント。
しかし作者が知名度を上げて行くにつれ、ゴーストハントは本人にとって黒歴史になっていった。

やがて「ファンレターで恋愛描写リクされるのウゼー」と作品中断。
数年後に再開(>>524)、さらに過去の作品もリメイクして出すと発表。
そして過去作品は全回収へ。

それまで普通に販売されていた作品が、全部出版社に引き上げられた。
それから10年くらい経過。
リメイクの話は一切なく、本は出ないまま。
ゴーストハントの小説は作者意向により闇に葬られてしまった。

 

悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)
悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント
(講談社X文庫―ホワイトハート)
悪夢の棲む家 (下) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)
悪夢の棲む家 (下) ゴースト・ハント
(講談社X文庫―ホワイトハート)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...