ホーム » 小説 » 小説/あ行 » 運命のボタン(リチャード・マシスン)

891 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/09(火) 22:55:05
運命のボタン

ある夫婦の元に謎のスイッチを持った男が訪れ、そのボタンを押せば
地球のどこかであなたたちの知らない人間が死亡するが、
代わりに五万ドル貰えると説明する。
夫はタチの悪いイタズラか、もし本当だとしても誰かを殺して金を貰う
なんてごめんだと取り合おうとしないが、


896 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/09(火) 23:53:01
>>891
妻は金に目がくらみ、知らない人間が死んだっていいじゃないといい、
ちょっとした夫婦喧嘩に。
なんとか仲直りするが、おさまらない妻は夫が仕事に出かけた隙にぽちっとな。
そこへ病院から電話がかかり、「旦那が死亡しました」
保険金五万ドルゲット。
妻はボタンを届けた男に猛抗議するが、男は澄まして答えた。
「あなたは旦那のことを何も知らなかったんじゃありませんか?」

 

運命のボタン (ハヤカワ文庫NV)
運命のボタン (ハヤカワ文庫NV)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...