ホーム » 小説 » その他書籍 » 献身的な介護

938 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/10(水) 21:24:23
「献身的な介護」

これに勝る後味の悪い話はないと思う
初めて読んだ時はあまりの衝撃にそれまで恐いと思ってきた話なんか
本気でどうでも良くなってしまった…


940 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/10(水) 21:31:28
>>938
内容書かないのも後味悪い

945 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/10(水) 22:03:45
申し訳ないです
たぶん検索かけたら出てくるとは思うけど簡単にあらすじ

報告者はある日事故だか病気だかで入院するんだけど、その同室には寝たきりの爺さんがいた
いつも優しそうな奥さんが寄り添っていて甲斐甲斐しくお世話している
聞けば30年近く前からこの調子でずっと泊まり込んでいるんだそうだ
で時々そちらから「グヂャ…ズルズル…」みたいな不愉快な音がする
それは奥さんが口移しで直接寝たきりの旦那の食べ残しのカスやたんを
吸い取り、舐め取っていた音だった
気分が悪くなりながらも夫婦愛の極みだな…などと思う報告者
そして報告者が退院する際、看護婦さんにその夫婦の話をしたら一言
「あれは奥さんじゃなくて娘さんなんですよ」

娘が父親と同世代に見えるくらい過酷な看護だってこと、
老人は70前後らしいので娘は本当は40~50くらい、でも逆算して30年前から付きっきりって
結婚もせず青春どころか自分の時間すらない介護マシーンになってるのが恐い
父親も別に娘を苦しめたいわけじゃないだろうけどその状態で生きている事自体が
娘の負担になってるのも…
あと本来の奥さん(娘の母親)は?って考えるとさらに恐い
過酷な介護生活に早々に亡くなったのか疲れ果てて娘に全てを押しつけて逃げたのか…
悪意がないけど最強に娘を不幸にしてる、ってのが個人的に欝要素だな


953 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/11(木) 00:27:27
口で吸わなくても吸引する機械とか器具とかあるだろうに。

954 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/11(木) 01:21:01
娘さん、社会不適合者だったんじゃないかなあ。
ちょっとおかしくない?

956 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/11(木) 01:38:53
>>954
介護を始めた年齢が恐らく若い娘時代で周りに頼れる人もおらず
全てを背負いこんでいたんだから仕方ないきもする
その介護方法が自主的なものか、父親がそう躾けたのかは分からないけど

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...