ホーム » 小説 » その他書籍 » 生きながら火に焼かれて(スアド)

281 名前:本当にあった怖い名無し :2010/12/27(月) 20:11:27
インドの悪習慣はキツイよな~

旦那が先に死んだら奥さんは殉死しなきゃいけないし、しかも火あぶりで、火は嫁の親族がつけなきゃいけない
殉死しない場合は、暗くてジメジメした家の離れに一人で閉じ込められ、食事は水とチャパティのみで一生を過ごす
80年代には禁止されてんだが、それでも地方では未だに実施されている
数年前にも実施されて、しかも酷いのは親族一同が逮捕されるのが嫌で、5歳の甥に火をつけさせたこと

未だにインド映画でもよくネタにされる
悪人に殺された旦那の後を追って殉死の準備→妻の兄or弟が火をつける→兄or弟復讐を誓い悪人どもを皆殺し
まあ、日本での時代劇(暴れん坊将軍や必殺仕事人)みたいなものなんだが


286 名前:本当にあった怖い名無し :2010/12/27(月) 23:39:05
似たような風習からの生還者が書いた
「生きながら火に焼かれて」という手記があるよ。
Webで探せばインタビューもあるよ。仮面がすこし怖いんだが…

287 名前:本当にあった怖い名無し :2010/12/28(火) 00:18:39
>>286
それ本屋で立ち読みして胸糞悪過ぎて退散した
インド好きの友人知人の生き生きした話を聞くたび苦い気持ちになる。住まねばこその都だわ

289 名前:本当にあった怖い名無し :2010/12/28(火) 01:19:00
>>286
名誉の殺人だっけ?
イスラム圏は婚前に性的関係を持ったり
結婚後に浮気したりした女は親族が殺すんだよね

去年だか、付き合ってる男性がいるのに別の相手に嫁がされた女性が
以前からの恋人との子を産んで、親族から殺害予告を出されたニュースがあったな
ニュー速の反応は「それは殺して当然」って感じだったけど
日本みたいな結婚に自由のある国の浮気とは事情が違うから、
女性の方も可哀想だと思った


290 名前:本当にあった怖い名無し :2010/12/28(火) 02:00:19
>>286
読んだ事ある。恐かった。
全身火傷で入院してる時、気が付いたら子供が産まれてたんだよね。
火傷の激痛で陣痛にも出産にも気付かなかったって…
((((( ゚Д゚;)))))))ガクガクブルブル

294 名前:本当にあった怖い名無し :2010/12/28(火) 12:30:52
インドの妻の殉死、サティって言うんだっけ?
夫を火葬してる炎の中に妻が飛び込むって聞いた事があったけど、親戚が火を着けるのか。
知らんかった(‘A`)

297 名前:本当にあった怖い名無し :2010/12/28(火) 16:08:47
今はもう殆どの地域で禁止法が制定されてるらしいよ。
それでも、やる奴、やらせる奴らはいるみたいだが。

あとで「彼女は自殺しただけだ」って言われたら、もうどうしようもないしな


299 名前:本当にあった怖い名無し :2010/12/28(火) 20:02:41
インドのポピュラー(?)な嫁殺し方法といえば煮えたぎった油を浴びせるってのがあるよ。
持参金が少なかったり元々持参金目当てで嫁はいらんというケースで使われる。
で、嫁が死亡または瀕死状態になったら「調理中の事故」として届け出るとか。

 

生きながら火に焼かれて (ヴィレッジブックス)
生きながら火に焼かれて (ヴィレッジブックス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...