ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その119 » 怨み屋本舗/第13話「満員電車の罠」(栗原正尚)

770 名前:本当にあった怖い名無し :2011/01/26(水) 22:41:10
怨み屋で思い出した話
年配男性Aが痴漢冤罪被害に遭い会社をクビになった
挙句妻と娘もAの無実を信じず家から追い出す
Aは怨み屋に自分の無実を証明して欲しいと依頼
実はAを痴漢扱いした姉妹は余談金目当てで数多くの男を痴漢に仕立て上げていた常習犯だった
(姉妹の父親もそれを知っていたが援交やるよりマシと黙認)
最終的に怨み屋(女)が姉妹の父親を痴漢に仕立て上げたり
姉妹の痴漢でっち上げ行為が世間に発覚する様に仕向け社会的抹消に成功
事件解決後怨み屋はこれで家に帰れるわねとAに言う

一応解決しているがAの事を信じなかった妻と娘の所へ帰るのは気まずくないかと思った
(妻と娘がAに対して謝罪や反省する描写が一切無しだし)
後Aが痴漢を否定したら駅員が「痴漢はやっていないって絶対に言う」という発言も胸糞だった

 

怨み屋本舗 3 (ヤングジャンプコミックス)
怨み屋本舗 3 (ヤングジャンプコミックス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...