ホーム » 小説 » その他書籍 » 須磨寺駅周辺(筒井康隆)

40 名前:本当にあった怖い名無し :2011/02/05(土) 20:44:03
筒井氏エッセイで後味悪いの一つ。

筒井氏には一人息子がおられるんだが、奥さんはその前に何回か流産を体験されている。
その中で死産になった時の病院が看護婦医師皆態度悪くて
本人の目の前で「ちょww逆子なんですけどwww」「マジでw無理ww」
みたいにさんざん茶化して笑いものにした挙げ句、死産児をおろす時に
思いっきり腹に乗っかられて押されまくったという話載ってた。
結局怒った筒井氏が早めに退院させて自宅療養させた、ようなオチだったと思うけど
いくら今みたいにドクハラという言葉や概念がなかった時代でもひどすぎる…。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...