ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その120 » 来世で結ばれよう

850 名前:本当にあった怖い名無し :2011/03/08(火) 05:58:28.65
昔読んだホラー漫画だったと思う。
うろ覚え&文章力がないので読みにくかったらごめんなさい。

母親が選んできた部屋で急に一人暮らしをするように言われた主人公。
そこには既に不倫相手と結ばれないことを苦に自殺した女の霊がいた。
親子揃って霊能者(母親は知っていて部屋を借りた)であった主人公は怖がることなく女の霊に成仏するように進めるが、
「私の身体を抱きしめて必ず君のそばに行くから待っていてくれと言われたから離れない」と拒否して部屋から出ていかなかった。
ある日。
友だちAが遊びに来て帰ると女の霊がいなくなっていた。
それに気付いた主人公は成仏したものと思い安心した。
が、翌日からAが大学に来なくなってしまう。
不安な気持ちにかられAの家に行くとそこには疲れ切ったAと女の霊がいた。
女の霊は「Aは恋人に似ている。恋人に間違いない」と言い張る。
主人公は必ず恋人を見つけるからAから離れるように説得をしてなんとか女の霊をAから離すことに成功をした。


851 名前:つづき :2011/03/08(火) 05:59:14.64
調べていくうちに女の霊の恋人がAの父親である事を突き止める。
自殺した女の霊の遺書を見つけて読んでしまった母親が藁人形で呪い殺したことが、父親の死因だった。
そして近くの神社の大木に囚われている父親を見つけだし解放する。
父親は女の霊に一目散に合いに行ってしまう。
大木の反対側には母親の霊が囚われていた。
解放してしまうと地獄に落ちるが構わないかと聞かれると自分が犯した誤ちだから仕方ない。と地獄に行くことを承諾。

一方父親は
息子を守護しないといけないからもう少し待ってくれ。
今まで待ってくれたんだからもう少しぐらい待てるだろ?
きみも両親の元に行って見守るんだ。
来世で結ばれよう
みたいなことを熱く語り、二人は別れる。

その夜Aは家族団欒の夢を見た。
Aは主人公にみんなにこにこしてて、昔に戻ったみたいだったと報告。
漫画は家族が食卓を囲んだ絵で終わり。

父親を呪い殺した母親が地獄に落ちるのはわからないわけじゃないけど、
その原因を作った二人が守護霊になって来世で結ばれる(かはわからないが)とかってなんなんだよとおもってしまった。


852 名前:本当にあった怖い名無し :2011/03/08(火) 07:26:42.93
いい感じに後味悪い

854 名前:本当にあった怖い名無し :2011/03/08(火) 13:51:17.00
>>851

原因じゃなくて実際の罪の重さって事なんだろうけど母親カワイソス

864 名前:本当にあった怖い名無し :2011/03/08(火) 20:40:12.47
>>851
これ、お母さんが霊能者で息子も霊能力持ってるっていう漫画だね。

寺尾玲子さんの漫画を描いてる方と同一の漫画家さんですねー。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...