ホーム » テレビ » ドラマ/あ行 » Xファイル/第2シーズン第35話(File No.211) 「不老」

683 名前:1/2 :2011/04/30(土) 02:55:48.95
懐かしの米ドラマ、Xファイル

老人ホームで女性介護士が「透明人間にレイプされた」と訴える。もちろん誰も取り合わない。
しかし介護士の傷の写真が本当のレイプ被害者の物としか見えないので、モルダーとスカリーが老人ホームへ訪れる。
そこの老人達は妙に元気で、高度な絵を描いていたり、車いすで走り回っておしゃべりしてたりする。
「みんな凄く元気だね」と逆にその元気さを怪しむ二人。
一人の明るい老女が、捜査するスカリーに向かって「こら!」「やめなさい!」と怒鳴る。
スカリーが「何か?」と聞き返すと老女は「あなたにじゃないのよ。こら!ちょっかい出さないの!」てな感じ。
「ぼけてるんだな」と勝手に納得するが妙な気配を感じる。
レイプ被害者の女性は「姿は見えなかったけど、私を襲った男は老人だった。老人の臭いがした」と言う。


684 名前:2/2 :2011/04/30(土) 02:58:04.56
オチは、ホームで働いてるアジア人が「祖国に生えてる謎のキノコ」で作った薬を老人達に飲ませていたのが原因。
それは霊的な力を宿らせるもので、老人達は異様に元気になり、死んで霊になっても実体をもてるようになった。
肉体を失ったことで箍が外れた老人が女性を襲った。スカリーにも老人の霊がたかる。
アジア人がそんなことをしたのは、ホームの老人達がまるで牢獄の囚人のように扱われ、
希望を奪われてるのを見て許せなかったから。
キノコの力で元気なってくれればなと思っただけで、まさか死後にまで影響が出るとは思ってなかった。
もちろんそんな怪しい薬の効能で霊が女性を襲ったなんて立証されるわけもなく、
アジア人が薬事法で裁かれホームを退職しただけで事件は終了。
後には「元通り」生きる屍となった老人たちが残された…

いきなり「東洋の神秘」でしめやがった…というのが何よりビックリでした。
この頃のアメリカドラマは「アジアならなんかありうる」みたいな感じで
東洋の変な文化がオチに使われることがよくあった。


685 名前:本当にあった怖い名無し :2011/04/30(土) 03:40:23.71
>>684
ミステリーの掟みたいな奴の
「中国人を出してはいけない(当時中国人は東洋の神秘で何でもやってのけると思われてたから)」を思い出した

 

X-ファイル シーズン2(SEASONSコンパクト・ボックス)[DVD]
X-ファイル シーズン2
(SEASONSコンパクト・ボックス)[DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...